アフィリエイトブログを作る時に注意する事

アフィリエイトブログを作るときに、一番に考えなければいけない事は、訪問者の事です。きれい事に聞こえるかもしれませんが、サイトアフィリエイトで成果を出している多くのアフィリエイターが実践している事です。

楽天市場やYahoo!ショッピング、Amazonのような大手ショッピングモールに訪れるユーザであれば、基本的に求めている物もだいたい決まっているでしょうし、企業の信頼度がありますのでお目当ての商品が見つかれば直ぐにでも購入してもらえるでしょう。

しかし、ブログでアフィリエイト商品を買ってもらう為には、値段や質、効果、そのサイトで購入する理由など、越えるべきハードルは多いのです。ユーザを無視したブログになっていると、沢山のアクセスを集めてもほとんど売れません。

購入率が0.1%の場合、一つの商品を売る際に1000のアクセスが必要ですが、購入率が1%であれば、1000のアクセスで10個の商品が売れる計算になります。アフィリエイト収入を増やすためには、アクセス数と共に購入率を上げる事が重要です。

アフィリエイトブログでやりがちな間違い

  1. アクセスアップのことだけを考える
  2. サイト内に広告を貼りまくる
  3. サイトテーマと関係ない広告を貼る
  4. 明らかな詐欺商材を紹介する
  5. ユーザを騙したり誘導する

広告を沢山貼れば商品が売れると思っている方は多いのですが、実際には広告数と成約数は比例しません。これはアドセンスにおいても同じ事が言えますが、適切な場所に適切な数の広告を貼る事が大切です。

ブログの場合、テーマを絞らずに色々な話題について触れている方も多いのですが、これは失敗する典型例です。広く浅い内容の記事を書くよりも狭く深い内容の記事を書く方が、質の良い訪問者が増えるのです。

アフィリエイト広告についても、基本的にはサイトテーマに合致したものに限定して貼っていきます。どこまでの商品が関連性があるのかという事を判断するのは難しいですが、1ページ1アフィリエイトが基本ですし、ユーザが混乱するほど商品を載せても仕方ありません。

商品を買ってもらうためには、信頼を獲得しなければなりません。情報商材にありがちな詐欺まがいの商品を紹介したり、ユーザを騙して広告を見せるような行為は、絶対にしてはいけません。

アクセスアップさせても成果が上がるとは限らない

サイトのアクセス数は重要ですし、訪問者がいなければ商品が売れることはないのですが、アクセスアップさせれば商品が売れるという単純なものでもありません。アクセス数が月に1万PVもないのに100万円稼ぐアフィリエイトサイトもありますが、逆に100万PVあるのに月に1万円しか稼げないサイトもあります。

アクセスアップとともに成約率アップも考えなければならず、成約率が高いサイトであれば、SEOやPPCでアクセスを集めることが出来れば、どんどん収益は上がっていく事になります。また、成約に繋がるようなユーザーを多く集めることも重要です。質の悪いユーザーを集めても成果は上がりません。

私も以前は、アクセス数至上主義的な部分があり、とにかくアクセスアップさせるために沢山の記事を書いていたのですが、それではなかなか難しいものがあります。アクセス数が増えることで、ある程度収益は上がっていきますが、爆発的に増えることはありませんでした。

今は、収益アップを重点的に行なった上で、アクセスアップを考えるようにしています。ゴールへ向かう動線を作った上でそこへ、ユーザーを送り込むようなイメージです。

大量のサイトよりも高品質な1つのサイト

アフィリエイトにおいて、大量のサイトを作るのは常套手段とも言えるのですが、今は数よりも質で勝負するような時代になっています。インターネットユーザーのリテラシーも上がっていますし、Googleの低品質サイトに対するペナルティも厳しくなっていますので、質の高いサイトを量産するのがベストです。

量産といっても一気に質の高いページを沢山作るのは不可能ですので、1人で作業しているアフィリエイターであれば、年に数個のサイトを作るペースで良いと思います。何千ページのサイトを作るのであれば、年に1個でも良いかもしれません。

当サイトも量より質を重視して作っています。地道に作業を続けていれば、誰にでもそれなりのサイトは作れるようになります。今はWordPressのような優れたツールもありますので、ホームページ作成の初心者でも普通に見られるサイトが作れます。

記事の追加も楽チンですので、初心者の方でも独自ドメインとレンタルサーバーを契約して、WordPressでサイトを作ることをオススメします。無料ブログで始めてしまうと、そのブログが育った時に後悔することになるかもしれません。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーでは無料SSLが利用できます。Googleはhttpsのサイトを評価する傾向があり、今後はSSL化が必須になってくるでしょう。無料SSLは簡単に導入できるのでとても助かっています。

エックスサーバーの公式サイトへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ