アフィリエイト商品が売れるブログの作り方

アフィリエイト報酬を増やすためには、売れている商品を紹介して読者に親近感や共感を持ってもらう記事を書くことが大切ですが、それと同時にブログ全体を見たときに、売れるサイトになっているのかという事も大切になってきます。

ブログのデザインやレイアウト、広告の配置方法、貼る広告の種類によって、ブログの信頼度や印象は大きく変わってきますので、最も気を配りたい部分でもあります。

商品が売れるサイトの条件

  1. 売れている商品を紹介している
  2. 本当におすすめできる商品を紹介している
  3. 商品を押し売りしていない
  4. おすすめポイントがしっかり書いてある
  5. 広告をベタベタ貼っていない
  6. オリジナルデザインになっている
  7. ブランド力がある

要するにユーザーの信頼度が高いサイトということになります。信頼度は何度も訪問してもらうことで上げることができますが、一見さんに商品を売るためには見た目が重要になってきます。

ホームページテンプレートやSEOテンプレートをそのまま使っているサイトも多いのですが、それでは信頼度は上がりません。完全オリジナルデザインにするのは難しくてもヘッダーやロゴなどはオリジナルにしなければなりません。

当サイトもSEOテンプレートの賢威を使っていますが、ヘッダーはデザイナーさんに作ってもらったものを使っています。自作しても良いのですが、やはりクオリティの面で全然違ってきますので、できればプロにお願いしたいですね。

アフィリエイト広告の貼りすぎに注意

これは当ブログで何度も申し上げている事ではありますが、商品を売るためにブログ内に沢山の 広告を掲載するのは良くありません。ヘッダーやサイドバーに商品を並べて、さらに記事の中で商品を紹介するという方法を取っているアフィリエイトブログも 多いのですが、アフィリエイト色を強くすればするほど商品は売れなくなってしまいます。

ブログ読者の立場になって考えれば分かる事だと思いますが、情報を探している時に、広告が多いサイトに出会ってしまうと、直ぐに他のサイトに移動してしまいますよね。たとえそのページに有益な記事が書かれていても、ユーザは記事を読む前にブログから去ってしまいます。

さらに、広告は配置や数を考えないとデザインを崩してしまう原因になります。バナー広告は、時にはデザインを華やかにしてくれるものですが、使い方を間違えると邪魔な存在になってしまいます。

自分のブログは、見慣れている事と愛着がありますので、どうしてもプラス思考で見てしまいますので、多くの読者が抱く印象とは、大きくかけ離れている可能性があります。特に、過去にブログをいくつも作ったことがないという方は、客観的に判断する事が難しいと思いますので、第三者の意見を聞くということも大切になってきます。

サイトのブランディングを考える

売れるサイトの条件に「ブランド力」があります。楽天やアマゾンの商品がなぜ売れるのかは、ブランド力と信頼性があるからです。同じ値段の同じ商品であれば、よりブランド力が高いサイトで購入したいと考えるのが普通です。

アフィリエイトサイトでも最近はブランド力を重視するサイトが増えています。サイト名すらないようなアフィリエイトサイトも多いのですが、それではブランド力は上がりません。最低でも簡単なキーワードでそのサイトに再訪問できるようにしておかなければなりません。

当サイトでは、「レンサバネット」をサイト名としており、毎日のようにレンサバネットというキーワードでのアクセスがあります。これはブランディングができている証拠です。レンタルサーバーやレンタルサーバー比較などのキーワードで1位を取るのも良いのですが、こういった難関キーワードは1位を維持するのが難しいので、ユニークなサイト名でブランディングを考えるのが良いでしょう。

このように、サイト名でGoogle検索した時に、サイトリンクと呼ばれるリンクが並んでいる状態になるようならGoogleからブランドとして認められたと証拠になります。

サイトリンクが出る条件は分かっていないのですが、そのキーワードで1位を取り、運営歴やそのキーワードでの検索数などを加味してGoogleが判断しているのでしょう。

独自ドメインブログの重要性

アフィリエイト初心者の方は、無料ブログでスタートするケースが多いと思いますが、やはり無料ブログよりも独自ドメインブログの方が、商品は売れると感じています。

無料ドメインを使っているブログなのか、有料ドメインを使っているブログなのかという事は、多くの訪問者が気にしていませんが、無料ブログの場合、サービス側が用意しているテンプレートを使うと思うので、オリジナリティを出す事が難しくなります。

WebデザイナーやHTML、CSSの知識がある人は、無料ブログでもオリジナルデザインのブログにしてしまうのですが、初心者の方には難しいと思います。また、無料ブログのデザインに修正を加える気があるのであれば、なおさら独自ドメインブログにした方が良いと思います。

無料ブログは、独自のタグが使われている事が多いので、そのブログ特有のカスタマイズ法を学ばなければなりません。その点、WordPressで独自ドメインブログを作っておけば、そこで得たHTML、CSS、PHPの知識は、他の場所でも応用可能です。

PHPについてはWordPress独自のタグを憶えないといけないのですが、これだけのシェアを獲得しているCMSであれば、知識をつけておいて損はありません。

エックスサーバーであれば月1,000円で、容量が200G、転送量1500G、MySQL30個まで使えますので、1つ契約しておけば、何十個もアフィリエイトサイトが運営できます。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーでは無料SSLが利用できます。Googleはhttpsのサイトを評価する傾向があり、今後はSSL化が必須になってくるでしょう。無料SSLは簡単に導入できるのでとても助かっています。

エックスサーバーの公式サイトへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ