1つの記事で紹介するアフィリエイト商品は1つに絞る

商品が売れるブログの作り方でも書きましたが、ブログ内にアフィリエイト広告が多すぎると、訪問者の購買意欲という事とは関係なしに、直帰率や離脱率を上げる原因になってしまいます。

初心者アフィリエイターの方は、とにかく広告を貼れば良いと考える人が多いのですが、アフィリエイトブログはネットショップやショッピングモールとは違うということを頭に入れておかなければなりません。

ランキング形式にする場合や、商品を比較する場合には複数の商品を並べる必要がありますが、本当に売りたい商品であれば1記事1商品で良いでしょう。

1記事1アフィリエイトが基本

1つの記事で紹介するアフィリエイト商品は1つに絞った方が良いでしょう。記事の内容と関連のある商品であれば複数掲載しても問題ない場合もありますが、基本的には1つです。

商品の購入数は、掲載した広告の数に比例しません。記事の最後に一つの商品をテキスト広告で載せるだけで、沢山売れる事も珍しくありません。「アクセス数を増やせばアフィリエイト収入が増えるとは限らない」という事と同じ事が言えますが、多くの広告を見せる事で購入者が増えるとは限らないのです。

商品を買ってもらうためには、訪問者との間に信頼関係を築かなければなりません。広告過多や過剰な褒め文句は信頼度を落とす行為ですので、気をつけた方が良いでしょう。

専用の商品ページを作る

1記事1商品にするためには、その商品の紹介ページを作る必要があります。紹介ページは広告主サイトのパクリでは意味がありませんので、必ずオリジナル情報を入れるようにします。

基本的にはその商品に興味を持ってもらったり、広告主サイトで不足している情報を補う形が良いかもしれません。全商品について専用の紹介ページを作るのは大変なのですが、専用ページはSEO対策にも役立ちますのでオススメです。

ただし、その商品が無くなってしまったり、アフィリエイトを中止したらそのページを使うことができなくなってしまいます。専用ページで他の商品に差し替えるのは無理がありますし、他の商品へ誘導する形で継続するか削除する形になります。

当サイトでも各レンタルサーバーの専用の紹介ページを作っています。

使い方解説ページとなっていますが、それぞれにページを作ることで、ブランドキーワードでの流入数も多くなります。

SEOでは1記事1キーワードが基本

アフィリエイトブログではSEOも重要になってきますが、SEOでは1つの記事でターゲットにするキーワードは1つに絞るのが良いと言われています。スモールワードであれば2つや3つでも構いませんが、基本はメインを1つです。

一つの記事の中で、異なるテーマの文章を二つ書くのであれば、記事を分割して複数の記事にした方が、多くのアクセスを生む可能性があります。それによって、それぞれの記事のテキスト量が少なくなってしまうのはいけないのですが、長すぎる記事はページを分割した方が良いでしょう。

また、ブログを毎日更新していると、過去に書いた記事と内容が似てしまう事もあると思います。そういった場合でもターゲットキーワードが被らない様に、タイトルタグに気を配り以前の記事とは異なるキーワードを入れるようにします。

ただし、ロングテールSEOを実践するのであれば、タイトルタグに含ませるキーワード数はあまり気にする必要はないでしょう。ロングテールSEOでは、ありとあらゆるキーワードの組み合わせによってアクセスアップを図る施策ですので、ターゲットキーワードを1つに絞るのはもったいないです。

だからといって、タイトルタグにキーワードを詰め込むのも良くありません。自然な文章で5~6個含ませるぐらいであれば全然OKです。文字数も30文字にこだわる必要はなく、検索結果に表示される前方に重要なキーワードを置いて、あとは適当に調整しましょう。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2012年10月28日

サブコンテンツ

このページの先頭へ