報酬額よりも成約率の高いアフィリエイトプログラムを選ぶ

アフィリエイト初心者は、売れいている商品を掲載するのが良いと思いますが、売れている商品の判断基準は売れている数だけではありません。アフィリエイトの場合商品が売れてもその成果が確定しなければ報酬にはなりません。

報酬額でプログラムを選ぶ人も多いですが、報酬額以上に重要となってくるのが、商品の成約率です。

成約率で商品を選ぶ

100サイトで紹介されたAという商品があったとして、トータル1000人のアクセスがあって20個の商品が売れているとします。

10サイトで紹介されているBという商品があったとして、トータル100人のアクセスがあって5個の商品が売れているとします。

二つの商品を売れている個数で判断する場合、どちらが売れているのかと言われればA商品という事になりますが、成約率で見た場合、A商品は2%、B商品は5%という事になります。

アクセス数が多くなるほど、成約率は落ちる傾向にあるのですが、その点は今回無視して話を進めます。

どちらも売れている商品には違いないのですが、成約率で見るとBの方が良い商品と言う事になります。また、Aのように多くのサイトで紹介されている商品は、既に多くのユーザの目に留まっていますので、自分のブログで紹介してもインパクトが小さいかもしれません。

使っているASPにもよりますので、全ての商品の成約率が確認できるわけではないのですが、特に情報商材アフィリエイトを行う場合には、売れている本数ではなく成約率で判断するようにしてください。

情報商材を選ぶ場合には、EPCという広告1クリックあたりの収益で判断するのも良いと思います。

報酬額と成約率

商品を選ぶ基準として、報酬額(報酬率)で判断する事が多いと思いますが、報酬ばかりに目が行ってしまうとアフィリエイト収入が増えないかもしれません。

商品価格が1万円で報酬額5,000円、成約率1%のAという商品があったとします。

商品価格が1万円で報酬額1,000円、成約率5%のという商品があったとします。

どちらも似たような商品だった場合、あなたはどちらのアフィリエイト商品を選ぶでしょうか。

初心者の方は、報酬額の高いAを選びがちなのですが、同じ期待値であれば成約率の高い方を選んでおいた方が良いと思います。期待値が同じなのだから、どちらを選んでも結果は同じとも言えますが、アフィリエイトでは、報酬が発生するという事が大切になってきます。

確かにA商品が売れた場合、一度に5000円の収入となりますが、1つも売れなかった場合にはゼロ円です。しかし、B商品の場合、成約率が高いので、5個売れなくても1個や2個売れる可能性は高いと言えます。

報酬額がゼロになる可能性はAの方が高いという事が分かると思います。何度も言うように期待値で考えればどちらを選んでも良いのですが、報酬の発生を重視するならBを選ぶ方が良いと言う事になります。

500円の商品を10個売るのと5000円の商品を1個売る場合

上記では、報酬がゼロになることを避けるために、報酬額が低くても成約率が高い商品を勧めましたが、「500円の商品を10個売るのと5000円の商品を1個売るのとでは、後者の方が楽かもしれません」。

これは商品やサイトによっても変わってきますので、一概には言えないのですが、低単価の商品を数でこなすよりも単価の高い商品を単発で売ったほうがトータルの報酬額は増える可能性があります。全く同じ商品であれば当然安いほうが売りやすいと言えますが、それぞれ商品はことなります。安くても同じ商品を何十個、何百個と売るのは結構大変なことです。

高単価のアフィリエイトプログラムを狙う

アフィリエイト収入を大きく増やす方法として、高単価商品を扱うのが効果的です。売れなければ意味が無いのですが、やはり高単価はインパクトが大きいです。低単価商品を大量に売るのも一つのやり方ですが、多くの稼いでいるアフィリエイターさんが、高単価商品で収入の大部分を稼ぎ出しています。

私も以前は低単価商品ばかり扱っていたのですが、最近は最低2000円以上のアフィリエイト報酬になる商品を選ぶようになっています。価格が安くても高くてもアフィリエイトサイトで物を売るのは大変なので、それであれば高い商品に挑戦しようという考え方です。

ただし、高単価商品はそれだけライバルのアフィリエイターさんが多くなります。そういった商品を売るためのキーワードはSEOも難しくなりますので、全く売れない状況も考えられます。ですので、高単価商品に挑戦するのは、ある程度アフィリエイトで稼げるようになり、もう一段階レベルを上げたいと思った時に扱うのがいいと思います。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーでは無料SSLが利用できます。Googleはhttpsのサイトを評価する傾向があり、今後はSSL化が必須になってくるでしょう。無料SSLは簡単に導入できるのでとても助かっています。

エックスサーバーの公式サイトへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ