WordPressブログで使える無料テンプレート

ブログアフィリエイトはデザインによっても成果が左右されます。一からブログのデザインを行うのは難しいのでテンプレートを使うのが一般的です。

無料ブログを使う場合には、ブログサービスごとに、何百、何千ものテンプレートが用意されていますので、その中から選ぶのが良いと思います。お勧め無料ブログのFC2は、ユーザが作成したテンプレートを利用する事ができるようになっています。

今回は、CMSとして大人気のWordPressの無料テーマについて取り上げます。独自ドメインブログと言えば、とりあえずWordPressで決まりでしょう。

最近のレンタルサーバーは、WordPressユーザーのことを配慮して、自動インストール機能を備えていますので、初心者の方でも簡単に使い始めることができます。

»サーバー別WPの使い方ガイド

WordPressの無料テーマ

WordPressには無料テーマが沢山用意されています。中には怪しいテーマもありますので注意しなければなりませんが、WordPress公式のテーマ配布サイトを利用したり、有名な日本語サイトを使う分には問題無いと思います。

WordPress Theme Directory

WordPressの公式テーマ配布サイトです。英語なので、分かりづらいと思いますが、右サイドバーにあるMost PopularやNewest Themesをクリックすると、テーマが一覧表示されます。

テンプレートキング

レンタルサーバーのファーストサーバが提供している無料テーマ配布サイトです。iPhone用のテンプレートも用意されています。


まさに粋なサイトです。め組というWordPressの有料テーマ配布サイトの無料版です。有料版より質は落ちますが、クオリティは高めだと思います。

ブログテンプレート.net

WordPressだけではなく、FC2ブログやSeesaaブログなどの無料ブログにも対応しているのが特徴です。

WordPress Theme

海外のWordPressテーマを日本語化して再配布しているサイトです。

WordPressテーマ

レンタルサーバーのエイブルネットが提供しているWordPressテーマ配布サイトです。紹介されている全てのテーマが、改変・再配布可能というのが特徴です。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーでは無料SSLが利用できます。Googleはhttpsのサイトを評価する傾向があり、今後はSSL化が必須になってくるでしょう。無料SSLは簡単に導入できるのでとても助かっています。

エックスサーバーの公式サイトへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ