ブログのping送信のSEO効果やインデックス速度アップ具合は?

ping送信とは、ブログの新着情報を管理しているサイト(サーバー)に自分のブログを更新した事を伝える事です。こういったサイトは、検索エンジンのクローラーが頻繁に訪れていますので、インデックスを促す効果も期待できます。

一昔前は、ブログを作ったら必ず行うSEO対策だったのですが、最近ではその効果も薄くなっており、アフィリエイトブロガー以外はあまり利用していないと言えます。

何度か調査した事がありますが、ping送信によるSEOやアクセスアップ効果は、実感できませんでした。

ただそれでも、一度ブログに設定してしまえば、後は普通にブログを更新するだけですので、開設時に設定しておいても良いと思います。

http://api.my.yahoo.co.jp/RPC2
http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2
http://ping.fc2.com
http://rpc.reader.livedoor.com/ping
http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC

上から、Yahoo、Google、FC2、ライブドア、gooです。いずれもブログの登録は必要ありませんので、上記のURLをブログのping送信URL欄に貼り付けるだけです。WordPressブログの場合は、投稿設定の一番下にある「更新情報サービス」に貼り付けます。

他にもping送信先はいくつもあるのですが、この6個を指定しておけばOKです。ブログランキングを利用している場合には、これにランキング専用のping送信先を追加します。

ping送信でインデックス速度は上がるのか

個人的にはping送信によってインデックス速度が上がるというのは体験したことがありません。そもそもping送信するサイトの多くがブログだと思います。ブログは何もしなくてもインデックス速度が早くなりやすい媒体です。

SEO関係者の中でもping送信が速度アップに効果的という発言を見かけますが、実際に送信した場合としない場合で調査した人はほとんどいないと思います。いわゆるその人の感覚というやつですね。

インデックス速度は同じブログで調査しないと差が分かりませんが、速度はクローラーの訪問タイミングなどによっても変わってくるので、早くなったらそれがpingのおかげなのかを正確に知ることはできません。

ですので、何か大きな期待を持ってping送信することはやめた方が良いでしょう。また、大量の送信先を指定するのも意味がありませんのでやめましょう。上記で紹介した5つを設定しておけば十分です。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2012年10月28日

サブコンテンツ

このページの先頭へ