独自ドメインが使える無料ブログサービスの有料版

無料ブログは無料で使えますが、自分の好きなドメインにすることができません。無料ブログには有料版がありますが、通常の有料版もドメインはサービス名が入ります。しかし、中には独自ドメインが使えるブログサービスもあります。

無料ブログと同じようなシステムが利用でき、ドメインは自分が好きなドメイン名を使えますので、レンタルサーバーを借りるのは大変という方は、独自ドメインが使える無料ブログサービスを利用しても良いと思います。

正確には独自ドメインブログが使える無料サービスの有料版という事になります。ややこしいですが、レンタルサーバーを借りて独自ドメインブログを始めるよりもお手軽かもしれません。

独自ドメインが使えるブログサービス

◯×はアフィリエイトOKかどうかです。おすすめはシーサーブログです。無料ブログとしてはFC2がオススメなのですが、FC2では独自ドメインが使えません。

有名なブログサービスが多いので、どれを使っても良いのですが、 場合によってはアフィリエイトが禁止されていたり、そのサービス専用のアフィリエイトしかできなくなっています。軽く調べたところでは、ライブドア以外はアフィリエイトOKのようですが、実際に使う場合は規約を確認してください。

独自ドメインブログと無料ブログを使い分ける

当ブログは、無料ブログではなく、独自ドメインを取得してレンタルサーバーを借りて運営している独自ドメインブログです。

ライブドアプロのように、無料ブログサービスが提供している有料版のブログもありますが、ここでは独自ドメインブログと無料ブログの使い分けについて解説します。

無料ブログのメリットは、コストを一切かけずにアフィリエイトが出来る事にありますが、その分デザインに融通が利かないということや、他のブログの影響を受けるというデメリットがあります。また、サービス提供者側の都合で、削除されてしまう事もあります。

無料ブログでアフィリエイトを行う際に怖いのは、やはり突然の削除です。アフィリエイトブログの場合、一般的なブログよりも削除される可能性が高いと言えます。その点独自ドメインブログは、全て自分の管理で運営する事ができますので、誰の影響も受けません。

一概にどちらが良いとは言い切れませんが、長期的な視点で本気でアフィリエイトするのであれば、独自ドメインブログにしておいた方が良いでしょう。無料ブログは、サブ的に使ったり、メインブログにリンクを張るためのサテライトサイトとして使うのが良いと思います。

独自ドメインブログをメインに無料ブログを活用する

運営する全てのブログを独自ドメインブログにしてしまうと、大きなコストがかかってしまいます。全てのブログで沢山のアクセス数を稼げれば良いのですが、そうはいかないでしょう。

アフィリエイトを行うメインのブログは独自ドメインブログにして、それを支えるブログとして無料ブログを使うのが一般的です。もちろん無料ブログでアフィリエイトしても問題ありません。

無料ブログは、たとえ更新が止まっても何の問題もありませんので、手軽に開設する事が出来ます。放置してもコストはかかりませんので、作りたいだけ作れば良いと思います。

メインブログの検索順位を上げるために必要となる被リンクを、無料ブログから調達するというのも効果的です。自演リンクの基本とも言えますが、異なる無料ブログサービスで、複数開設する事で、ドメインの分散やIPアドレスの分散が簡単に行えます。

日本の企業が運営しているものだけでも無料ブログは200個以上はあります。全てがSEOに効果的とは言えませんが、それでも探せばいくらでも出てきます。

自分で100個のブログを立ち上げるのは結構大変な作業ですが、毎日1個ずつ増やしていくぐらいのつもりでやるのが良いと思います。ただし、ブログを作ってメインブログにリンクを張って終わりというわけではありません。

サテライトブログもしっかりと更新していかないと、検索エンジンからの評価は上がりません。外注を使って更新する分にはいくつ作っても良いのですが、初心者アフィリエイターさんは、基本的には自分で更新できる範囲の数に抑えておいた方が良いでしょう。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーでは無料SSLが利用できます。Googleはhttpsのサイトを評価する傾向があり、今後はSSL化が必須になってくるでしょう。無料SSLは簡単に導入できるのでとても助かっています。

エックスサーバーの公式サイトへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ