ブログの背景色と文字色はかなり重要

ブログのデザインによってユーザに与える印象は大きく変わってきますが、背景色と文字色にも気を配る必要があります。どちらもデザインの一部と言えますが、背景と文字の色によって読みやすくも読みづらくもなります。

白背景に黒文字が基本になると思いますが、オリジナリティを出すために派手な背景色を使っているブログも多いと思います。しかし、背景を派手にする事で、アクセス数を減らす原因になるかもしれません。

アクセス解析を設置していればわかりますが、平日の昼間会社のパソコンでブログを見ている人は意外と多いのです。これは昼休みだけではなく、業務時間中も同じです。仕事以外のネットを禁止している会社もあるりますが、結構自由に見られる会社がほとんどだと思います。

表向きは見てはいけないと言っていても、こっそりばれないように見ているという人も多いと思います。派手な背景のブログは、遠目からでも仕事と関係の無いサイトを見ている事が丸分かりです。

シックなイメージやカリスマ性を求めるために黒背景を使っているブログも多いのですが、できれば白や薄いグレー、薄い水色など、薄い背景色にした方が良いでしょう。

背景色と文字色のバランス

»白背景#fffに黒文字#000だと目が疲れるがフォントによっても見え方が変わる

背景色と文字の色は、文章の読みやすさにも影響を与えます。白背景に黒い文字であれば読みやすいと思うかもしれませんが、真っ白な背景に真っ黒な文字だと目が疲れるので、長文の文章には向いていません。同じように黒背景に白文字にする場合も気をつけなければなりません。

白背景に薄いグレーというのは、文字が読みづらくなりますので駄目なのですが、背景と文字の色のバランスはとても大切ですので、自分の感覚だけで判断しないで、第三者にも見てもらった方が良いでしょう。

また、使っているパソコンの色の設定や、フォントによっても文字の視認性が変わってきます。自分のパソコンでは問題なく見えていても、他のパソコンでは見えにくいという事が良くあります。

WindowsVista以降、メイリオフォントでサイトを作るケースが増えてきましたが、メイリオは文字をやわらかく見せる特徴がある反面、薄いと見づらくなりますので、注意が必要です。メイリオを使う場合には、メイリオで読みやすくするというのは当然ですが、メイリオがインストールされていないパソコンでも読みやすいような色を使用しなければなりません。

フォントの幅の問題

フォントの種類によって幅が異なることは知っている方も多いと思います。異なる文字でも等幅になるフォントと、プロポーショナルフォントと呼ばれる異なる幅になるフォントがあります。

私のサイトデザインをして頂いているデザイナーさんのブログですが、私の保険サイトたちを作る時に、この問題が発生しました。

メイリオが指定してあるサイトなのですが、メイリオがインストールされていないパソコンの場合、自動的に他のフォントが読み込まれます。その際に、メイリオとフォントの幅が変わるために、グローバルナビゲーションが崩れてしまったのです。

私はメイリオはMSPゴシックよりも幅が広いという認識だったのですが、boldにするとMSPゴシックの方が幅が広くなるんですよね。それで、メイリオが入っていないPCでGナビが崩れてしまいました。

余白を多めに取っていれば特に問題はないのですが、Gナビのようにきっちり揃えるようなデザインをする場所は注意しなければなりません。Windows Vistaから標準フォントがメイリオになり、今はメイリオ指定しているサイトも多いですが、ブラウザチェックする際には、念のため、メイリオなしのPCでのチェックもしておいた方が良いと思います。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーでは無料SSLが利用できます。Googleはhttpsのサイトを評価する傾向があり、今後はSSL化が必須になってくるでしょう。無料SSLは簡単に導入できるのでとても助かっています。

エックスサーバーの公式サイトへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ