リサーチアルチザンのAdSenseクリック数とレポートの差

リサーチアルチザンLiteは、無料で利用できる高機能なアクセス解析です。リアルタイムでIPアドレスが取得できるので、Google アナリティクスと併用している方が多いと思います。リサーチアルチザンのもう一つの特徴として、アドセンスのクリックデータが取得できるという事があります。

不正クリックによって即アボセンスになるような事は少なくなっていますが、それでも明らかに嫌がらせ目的の不正クリックを発見した場合には、念のためGoogleに報告しておいた方が良いでしょう。

報告するためには、不正を行ったユーザのIPアドレスや、不正を行った時間を報告する必要があり、そんな時に役立つのがリサーチアルチザンというわけです。

ただ、リサーチアルチザンのアドセンスクリック数と実際のクリック数が違うということが、以前からよく言われていましたし、『ブラウザによってはアドセンス広告のクリックをカウントできない場合があります。 一部のブラウザにおいては、実際にクリックされていない場合もカウントする場合があります。 あくまで目安の数値としてご認識ください。』という注意書きがあるように、クリック数はあくまで目安です。

個人的には、WordPressを使っているサイトの場合、リサーチアルチザンのクリック数が大幅に多くなる現象を確認していたのですが、今日再びチェックしてみたら、大幅に改善されていました。

リサーチアルチザンとアドセンスのクリック数を比べる

これが過去7日間のアドセンスの管理画面で確認できたクリック数です。実際のアドセンス収入になるクリックと言う事になります。

  1. 実際のクリック数:61 アルチザンのクリック数:25
  2. 実際のクリック数:30 アルチザンのクリック数:12
  3. 実際のクリック数:20 アルチザンのクリック数:6
  4. 実際のクリック数:24 アルチザンのクリック数:7
  5. 実際のクリック数:13 アルチザンのクリック数:7
  6. 実際のクリック数:13 アルチザンのクリック数:4
  7. 実際のクリック数:3 アルチザンのクリック数:2
  8. 実際のクリック数:10 アルチザンのクリック数:14

数字を見ても分かるように、リサーチアルチザンの方の数値が大幅に多くなるということは無くなったのですが、今度は逆にアドセンス側のクリック数の方が大幅に多くなっています。

アドセンスは16:00が一日の基準時間となっているので、数値が全く同じになる事は無いのですが、それにしてもあまりにも差が開きすぎています。リサーチアルチザンの数値を見てぬか喜びするような事はなくなりましたが、これだけ数値に違いがあると全く役に立ちません。

リンクユニットの方はある程度正確なような気がしますが、普通の広告ユニットが不正確すぎます。実際の半分もカウントできていない状況というのはちょっともんだいですね。リサーチアルチザン側で何かしらの修正を加えたのでしょうが、何か間違った修正をしてしまったようです。

そのうち再修正が加えられるとは思いますが、Googleに報告する時には、クリック数は正確ではない旨の一文を付け加えた方が良いかもしれません。

リサーチアルチザンのAdSenseデータは・・・

その後リサーチアルチザンを使い続けていたのですが、いつからか全くAdSenseのクリックデータを取得できなくなりました。差があるとか言うレベルではなく、実際には数十回クリックされているのに、リサーチアルチザンのデータでは、2~3回と表示されます。

これでは全く意味がありませんし、不正クリックの調査にも役に立ちません。

その後海外で使われているAdSenseのクリックデータが調査できるというアクセス解析が登場し、最近はそちらに移行しています。

»オススメのアクセス解析ツール「StatCounter Projects」

こちらの解析ツールも全てのAdSenseデータが取得できるわけではないのですが、不正クリックの調査としては役に立ちますので、GoogleアナリティクスとAdSenseを統合させておいて、StatCounterでデータをカバーすれば十分だと思います。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーでは無料SSLが利用できます。Googleはhttpsのサイトを評価する傾向があり、今後はSSL化が必須になってくるでしょう。無料SSLは簡単に導入できるのでとても助かっています。

エックスサーバーの公式サイトへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ