無料ブログの基本的なカスタマイズ方法

ブログのテンプレートは修正して使うのが一般的です。そのまま使用しても問題ないのですが、SEOやブランディングを考えた場合、修正した方が良いでしょう。

最近は、無料ブログでもHTMLやCSSが変更できますので、興味のある方は試してください。

ブログサービスとしてはアメブロが最も有名で使っている人も多いのですが、アメブロは商用利用禁止になっている事と、アフィリエイトが非常にやりにくいシステムなので、アメブロは避けた方が良いでしょう。

»アフィリエイト用のおすすめの無料ブログはFC2ブログ

ヘッダーの修正

ブログはヘッダーのデザインで印象が大きく変わりますので、ヘッダー部分のロゴやデザインは修正した方が良いでしょう。修正するためには、HTMLやCSS、画像編集の知識が必要となりますが、無料ブログでも変更可能な部分ですので、興味のある方はやってみてください。

その際に、ヘッダー部分に必ずブログ名を載せて、トップページへのリンクにします。画像でもテキストでも構いませんが、ブログ名をわかりやすい位置に表示する事で、ブランディング効果が期待できます。

titleタグの変更

無料ブログのサブページのtitleタグで、記事のタイトルよりもブログタイトルの方が前にきている場合には、修正した方が良いでしょう。

FC2ブログ

環境設定 ⇒ テンプレートの設定 ⇒ HTML編集

<title><!–not_index_area–><%sub_title> | <!–/not_index_area–><%blog_name></title>

Seesaaブログ

デザイン ⇒ HTML ⇒ HTMLの追加
<title><% if:extra_title %><% extra_title %> | <% /if %><% blog.title %></title>

livedoorブログ

ブログ設定 ⇒ デザイン ⇒ カスタマイズ ⇒ 個別記事ページ
<title><$ArticleTitle ESCAPE$> | <$BlogTitle ESCAPE$></title>

カラムについて

2カラムと3カラムどちらが良いのかは、人それぞれの好みだと思いますが、個人的には2カラムが好きです。3カラムだとどうしてもメイン部分の幅が狭くなってしまい、サイドバーが目立ってしまいます。

当ブログのようなアフィリエイトを紹介するようなアフィリエイトブログの場合には、3カラムにして画面上で色々な情報を見せるというのも一つの手ですが、基本的には2カラムで良いと思います。

サイドバーを左にするか右にするかという問題もあります。これも好みがありますが、右にした方が記事を読んでもらえる可能性が高くなります。記事に自信があるのであれば、サイドバーは右にする事をおすすめします。

サイドバーに掲載する項目

サイドバーに載せる必須項目は「プロフィール」、「新着記事」、「カテゴリ」です。あとは、アーカイブやおすすめリンクやブログパーツ(プラグイン) などを適宜追加していきましょ う。

無料ブログのサイドバーは、標準設定のままだと不必要な項目が多いので、バシバシ削除してしまって構いません。

アーカイブは必要ないのかもしれませんが、何年間も更新が続いている信頼できるブログと言うことをユーザに伝えることが出来ます。ただし、載せる場合には、邪魔にならないようにサイドバーの一番下に設置しましょう。

トップページの記事数

ブログは、トップページに新着記事を載せるのが一般的です。載せる記事の数を決められるブログがほとんどですので、記事の更新頻度やテキスト量に合わせて変更しましょう。

標準設定では、3~5個ぐらいになっていると思いますが、検索エンジンはトップページのテキスト量を評価しますので、一つの記事のテキスト量が少ない場合には、記事数をもっと多くしてもOKです。

サテライトブログとして使う場合、トップページの記事の数は少ない方が良いという意見もありますが、それによってトップページのテキスト量が少なくなってしまうと逆効果です。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーでは無料SSLが利用できます。Googleはhttpsのサイトを評価する傾向があり、今後はSSL化が必須になってくるでしょう。無料SSLは簡単に導入できるのでとても助かっています。

エックスサーバーの公式サイトへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ