アフィリエイトのプログラムコードの修正は規約違反

基本的に、ASPから配布されたアフィリエイトプログラムのコードは、改変(修正)する事が禁止されています。テキストリンクの場合には、テキスト部分を自由に変更しても良くなっている場合もありますが、許可されているケースを除いては原則禁止されています。

センスのないバナーを用意しているプログラムも少なくないのですが、黙ってそれを使うしかありません。自分で用意したバナーにアフィリエイトリンクを張っているサイトも見かけますが、規約違反ですのでASPから警告を受けたり、最悪の場合登録を取り消されてしまう可能性があります。

ASPから認められるスーパーアフィリエイターになれば、異なるバナーが利用できたり、アフィリエイトリンクをリダイレクトすることが認められたりとやりたい放題なのですが、ヒヨッコアフィリエイターのうちはASPから発行されたコードをそのまま貼るしかありません。

アフィリエイトは、儲けている人がさらに儲かるような仕組みになっています。ASPにとって、稼いでいるアフィリエイターは売り上げをアップさせてくれるお客様でもありますので、優遇するのは当然ですね。

早く担当者が付くようなアフィリエイターになりたいものですが、その為には月に何十万、何百万と稼がなければなりません。

情報商材アフィリエイトの場合には沢山売ることで、新しい商材を選考販売できる特別なアフィリエイターになることも可能ですので、我々のような初心者アフィリエイターは、とにかく頑張って沢山の商品を売るしかありません。

»アフィリエイトリンクのURLをリダイレクトする方法

GoogleのSEOのためにコードにnofollowをつける

低品質なコンテンツを保有するサイトの評価を下げるパンダアップデートが導入されたことで、多くのアフィリエイトサイトが順位を落としました。私が管理するサイトもパンダアップデートの影響を受けて、アクセス数が15~40%ほど落ちました。

その後対策を行ったことで、ほとんどのサイトが全盛期と同じぐらいまではアクセス数が戻ってきていますが、パンダが来たことで、アフィリエイト広告の貼り方を大幅に変更しています。

  1. テンプレート部分にはコードを直接貼らない
  2. 商品紹介ページを作りそこへリンクする
  3. 低品質な商品紹介ページをnoindexにする
  4. 商品紹介ページヘのリンクにはnofollowをつける

やったのは主にこの3点です。以前は、サイドバーにベタベタとアフィリエイトコードを貼っていたのですが、それはやめました。現在はサイドバーの下部に1つだけ貼るか、サイトによっては貼らなくなっています。

商品紹介ページを作り、各ページからはそこへnofollowリンクを張る形にしています。また、中身の無い商品ページはnoindexでインデックスから外しました。

アフィリエイトコードに直接nofollowを付けているサイトも多いのですが、コードの改変は規約違反になるので、やりたくありません。リダイレクトについては作業が面倒なので、最終的にこのような対策方法になっています。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーでは無料SSLが利用できます。Googleはhttpsのサイトを評価する傾向があり、今後はSSL化が必須になってくるでしょう。無料SSLは簡単に導入できるのでとても助かっています。

エックスサーバーの公式サイトへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ