Yahoo!リスティングのキーワードアドバイスツールの使い方

アフィリエイトやSEOではキーワード選定が大切になってきますが、その際にキーワードツールを使っていると言う方も多いと思います。

キーワードツールとして有名なのがGoogle AdWordsのキーワードツールです。現在日本の検索エンジンはGoogleに一本化されていますので、使っている人は多いと思います。しかし、GoogleユーザとYahooユーザは、検索するキーワードが異なります。

一般的にGoogleユーザはネット上級者でYahooユーザはネット初級者と言われています。検索慣れしている人とそうでない人とでは検索する際の単語が全然違いますが、多くのアクセスを集めるためには、初心者が使うキーワードを取りこぼさない事が大切です。

特にアフィリエイト商品を購入してくれるのは、上級者よりも初級者や初心者ですので、そういった人たちにサイトを見てもらうことでアフィリエイト収入を増やせる可能性があります。

ネット初心者のアクセスを集めるためにYahoo利用者が検索しているキーワードを知りたいと思いますが、そんな時に役立つのがキーワードアドバイスツールです。YahooビジネスIDを持っていないと利用できないのですが、Yahoo!リスティングの登録をして、入金しておくだけで利用できます。

Yahoo!リスティングキーワードアドバイスツール

YahooのビジネスIDとパスワードを入力します。ビジネスIDはYahooの独自サービスやYahoo!リスティングを利用している方に発行されているIDです。

ログインしたら、「広告管理 ⇒ ツール ⇒ キーワードアドバイスツール」と進みます。

調べたいキーワードを入力し、検索方式を完全一致にしてキーワード抽出をクリックします。部分一致にすると、入力したキーワードを含む検索数が表示されます。

拡張するという項目にチェックを入れておくと、関連キーワードを拾うことができます。検索するキーワードのみのデータが欲しい場合は、このチェックを外します。結果が表示されるまでにかなり時間がかかるのが難点です。データベースが貧弱なんですかね。

これは、「レンタルサーバー 比較」で検索した時のキーワード一覧です。拡張するにしたので、色々な関連キーワードも表示されています。月間検索数をクリックすると検索数の多いキーワード順に並べることが出来ます。

検索数はあくまで目安ですので、数値自体はあまり信憑性がないのですが、どのようなキーワードで検索しているユーザが多いのかという事はわかります。

関連キーワードで抽出を繰り返す事で、様々なキーワードが見つかりますので、その中でそれなりに検索数があるキーワードをピックアップしてSEO対策していきます。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーでは無料SSLが利用できます。Googleはhttpsのサイトを評価する傾向があり、今後はSSL化が必須になってくるでしょう。無料SSLは簡単に導入できるのでとても助かっています。

エックスサーバーの公式サイトへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ