検索結果のスニペットとページ内のテキスト量の重要性

SEOは特定のキーワードの順位を上げたり、ロングテールキーワードの流入を増やすために、サイト内のテキスト量を増やす事が主な対策となります。テキスト量を増やすことはそれだけで大きな効果を生みますが、今回はSEOではなく検索結果に表示されるスニペットとテキスト量の関係について書いてみます。

いまさら説明するまでも無いですが、検索結果に表示されるタイトルの下の説明文がスニペットです。以前はこの部分も順位を決める要素といわれており、スニペットにキーワードを入れるのが一般的でした。

HTMLのhead内にmeta descriptionを記述する事で、その文章がスニペットとして使われる可能性が高くなります。必ずmeta descriptionの文章が表示されるわけではありませんし、以前ほど重要性がなくなっていますので、あえて記述しないサイトも多くなっています。

ちなみに当サイトのトップページのmeta descriptionは以下のようになっています。

<meta name="description" content="レンサバネットでは、おすすめの格安レンタルサーバーの紹介や設定方法などの使い方を解説しています。また、サーバ別のWordPressインストール方法なども紹介していますので、初心者の方でも安心してお好きなサーバが選べると思います。サーバごとに機能や料金に差があるのですが、料金が高ければ高機能で安定しているというわけではありません。以前と比べどのサーバを選んでも失敗するようなことはないと思いますが、コストを重視するのか機能を重視するのかによって、レンタルサーバーの選び方も変わってきます。" />

文章がそのままスニペットとして使用されていますね。ただ長すぎてスニペットに収まっていません。

このように基本的にはmeta descriptionを書いているページは、meta descriptionがスニペットになりますが、最終的にどの文章をスニペットにするかはGoogleが判断するものですし、同じページでも検索されるキーワードによってスニペットが変わってきます。

meta descriptionは書いたほうが良いのですが、数年前から私は、面倒でトップページ以外は書かないようになっています。

書いた所でSEO効果はないですし、記事内の文章を自動的にmeta descriptionにしても意味が無いですし、全ページで書くのは面倒なので、Googleに任せることにしています。スニペットによってクリック率が変わるとは思いますが、そこまで大きな影響があるとは思えません。

サーバー会社のスニペット

こちらはロリポップのスニペットです。Yahoo検索ですが、ファビコンが表示されていて目立ちますね。

こちらはエックスサーバーです。特に目新しいものはありません。

これはファーストサーバのトップページのスニペットです。スニペットのようにサイトのキャプチャが載っていますね。Yahooはこのように有名なサイトの場合、キャプチャが載ることがあります。

テキスト量の重要性

既に述べたとおりページ内のテキスト量はSEO目的で増やす方が多いと思いますが、今回のケースのようにスニペットに使われることを考えると、色々なキーワードを含む文章を書いておくことはSEO以外の部分でも重要なのかもしれません。

トップページは最もユーザの目に触れやすいページですので、イメージ重視で構成する事が多いと思いますが、検索エンジンはイメージを読むことはできませんので、できればテキストを上手く盛り込みたい所です。

テキストを盛り込む事が難しい場合には、ファーストビューはイメージ重視にして、スクロールした先はテキスト重視にするという方法でも良いと思います。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーでは無料SSLが利用できます。Googleはhttpsのサイトを評価する傾向があり、今後はSSL化が必須になってくるでしょう。無料SSLは簡単に導入できるのでとても助かっています。

エックスサーバーの公式サイトへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ