アフィリエイトリンクの貼りすぎに注意

過去にもアフィリエイトサイトが、検索結果から追いやられた事がありましたが、大きな変化をもたらすであろうパンダアップデートがやってくる事を考えると、今のうちに対策しておいた方が良いかもしれません。

昨日6/15から本日にかけてGoogleで大きな順位変動が行っているようです。

»Google大変動。パンダ0.1が始動か!?

これがパンダアップデートに絡む変動なのかは定かではありませんが、パンダだとしたら広告を貼りまくっているサイトや、サイト内に占める広告の割合が多いサイトも評価を下げられる可能性があります。

アフィリエイトサイトの場合、必然的に広告が増えてしまいますが、パンダの餌食になった場合、アクセス数が激減する上に、回復する事が非常に難しいようですので気をつけたい所です。

ファーストビューに広告を貼ると良くないと言われています。パソコンの画面サイズによっても見える範囲は変わってきますが、その辺は大体で良いと思います。このファーストビューに大きな広告があるとマイナス評価になると言われています。

当サイトの完全な広告としては、サイドバーのお勧めのレンタルサーバーぐらいですが、記事上の情報商材へのリンクがどういう扱いを受けるかはGoogleにしか分かりません。極力サイトの上のほうには広告は置かない方が良いと言えます。

ただし、広告は上にあるほどユーザの目に留まる可能性が高く、クリック率も高まりますので、あくまで現状クリックされていないのに、上に方にある広告は削除するか移動するというスタンスで良いと思います。

Google アドセンスもパンダアップデートの餌食になるかも

Google アドセンスもアフィリエイト広告ですので、パンダの標的となりうる可能性があるのが厄介です。アドセンスは同じGoogleのサービスですが、特に連携をとっているわけではないようですので、アドセンスチームと検索チームで異なる見解を持っていることも珍しくありません。

アドセンスチームは、サイト内の目立つ位置(ファーストビュー)にビッグバナーやレクタングル大、ワイドスカイスクレイパーなどの大きなサイズの広告を推奨してきますが、パンダアップデートが導入されている英語圏サイトの話では、アドセンスが原因と思われる下落事例も報告されています。

そうする事で、Googleのアドセンスから得られる収益が減ってしまう可能性がありますが、ユーザが求める質の良い検索結果を返すためにはやむを得ないという考えなのかもしれません。

アドセンスならどこに貼っても大丈夫と思っていると、パンダに捕獲された時に原因が分からなくなってしまう可能性がありますので、アドセンスも危ないという事を頭に入れておきましょう。

追記:2012年7月に日本にもパンダアップデートを導入

パンダアップデートの導入が遅れていた、日本語、韓国語、中国語ですが、2012年7月にやっと日本にも導入されました。

まさか自分のサイトがパンダの餌食になるとは思っていなかったのですが、当サイト、アフィリエイト野郎、WPSEOブログの3つのアクセス数が20~40%ほど減りました。

正直焦りましたが、広告の貼り方などが以前から気になっていたので、一気に改修することにしました。当サイトもサイドバーにあった広告を減らしたり、記事下に並べていた商品ページへのバナーを減らしたりしました。

矢印の位置がパンダアップデートが来日した日です。前日と比較してがっつりアクセス数が減っています。その後何度かパンダの更新が行われましたが、横ばいが続いていたのですが、10月に入り復活の兆しを見せています。

記事を追加していることでアクセス数が伸びている事もあるのですが、パンダ対策がプラスになっていると信じて、このまましばらく様子を見ることにします。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2012年10月28日

サブコンテンツ

このページの先頭へ