Googleアナリティクスとアドセンスの解析データを統合する方法

Google アドセンスとGoogleアナリティクス を統合する事によって、アドセンスのクリックデータをアナリティクスで確認する事ができるようになります。

クリックデータを見ることによって、どのページのどの位置にある広告がクリックされているのかなどの詳細を知ることができます。また、不正クリックが発生した時の追跡調査にも役立ちます。アナリティクスでは訪問ユーザーのIPアドレスは調べられませんが、それ以外の要素は確認できます。

Analyticsとアドセンスの連携

アドセンスの管理画面に行き「Googleアナリティクスと統合」をクリックします。

 

アナリティクスに飛びますので、アナリティクスにログインし「アナリティクス設定」をクリックします。ログイン直後に表示される画面です。(始めからアナリティクスに来ても同じ流れになります。)

統合したいアカウントを選びます。統合は1アカウントとしかすることができませんので、アカウントを分けている場合には、どれか1つだけになります。プロファイルで分けている場合には問題ないのですが、1サイトに付き1アカウントの形にしている人は、困ってしまいますよね。

私自身、1サイト1アカウントの状態で使っているので、現在1サイトしか統合できていません。Googleに要望を出しているのですが、一向に改善されません。アカウントではなく、1メールアドレス単位にしてくれると有難いのですが・・・

データソース ⇒ アドセンス ⇒ アカウントをリンクと進みます。

プロファイルの選択画面で、統合させるプロファイルを選択します。プロファイルは複数選択が可能となっています。

以上で、アドセンスとアナリティクスの統合作業が完了となります。アナリティクスにデータが上がってくるまでにしばらく時間がかかります。

アナリティクスでアドセンスデータを確認

統合が完了し、しばらくたってからアナリティクスにログインし、アドセンスという項目を選択するとアドセンスのクリックデータが見られるようになっているはずです。

また、色々なデータに「アドセンス」という項目が追加されていますので、そちらで確認することもできます。

統合の解除

他のアカウントと統合したくなった時や、統合が不要になった時は解除することができます。

アナリティクスにログインし、統合したアカウントの「アナリティクス設定」をクリックし、「アドセンスアカウントのリンク削除」をクリックします。

リンク解除した後に、アドセンスチームに解除依頼をする必要があるようです。試しにやってみたところ、リンクの解除+解除依頼ですぐに解除できました。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーでは無料SSLが利用できます。Googleはhttpsのサイトを評価する傾向があり、今後はSSL化が必須になってくるでしょう。無料SSLは簡単に導入できるのでとても助かっています。

エックスサーバーの公式サイトへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ