アドセンスの不正クリックを発見したらGoogleに報告する

以前のように、第三者による大量の不正クリックによって、アカウントが直ぐに停止になるような事はなくなっていますが、明らかに第三者からの嫌がらせによってアドセンス広告をクリックされた事が確認できた場合には、Googleへ報告しておいた方が良いでしょう。

毎日のクリック数を確認しておき、クリック数が急増した場合には、クリックされたページやクリックしたIPアドレスなどをチェックします。嫌がらせによるクリックでも報酬に繋がれば良いと思う方もいるかもしれませんが、広告主の利益にならないクリックは、スマートプライシングによって収益額を下げる事につながります。

毎日アドセンスのデータを確認していない人も多いのですが、最悪の場合、警告なしでアカウント停止になることもありますので、1日1回はデータを見たほうが良いと思います。

なお、アクセス数が急増した場合にも念のため報告しておいた方が良いでしょう。トラッフィクエクスチェンジなどの不正な方法でPVを水増ししていない事を伝えるためです。

Googleへの報告

Googleへ報告すると言っても、不正なクリックがあったという事だけを伝えても意味がありません。不正クリックが行われた日時やクリックしたユーザーの情報を報告する必要がありますので、事前にクリックデータを確認できるアクセス解析を導入しておく必要があります。

»アドセンスの不正クリックデータを調べるためのアクセス解析

以前は、リサーチアルチザンという日本製のアクセス解析で、アドセンスのクリックデータが見られたのですが、現在はデータが上手く取得できなくなっています。

また、Googleアナリティクスとアドセンスの解析データを統合して、情報を得るのも良いでしょう。なるべく多くの情報を提供し、自分がやったことではないことをGoogleに伝えなければなりません。

»無効なクリックについての申し立て

報告したところで、ほとんどの場合、何の返答もないのですが、不正を放っておくと最悪の場合、アカウント停止にもなりかねませんので、見つけ次第報告するのが基本となります。

なお、自分で誤ってアドセンス広告をクリックしてしまった場合には、いちいち報告する必要はありません。

アドセンスチームに報告する必要がある時

  1. 明らかにクリック数が増えた
  2. 無効クリックが増えた
  3. アクセス数が急増した

どれくらい増えたら報告するのかは微妙な所ですが、気になった場合には迷わず報告したほうが良いと思います。報告したからといって報酬がゼロになるわけではありません。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2012年10月28日

サブコンテンツ

このページの先頭へ