アドセンスのテキスト広告とイメージ広告はどちらが良いのか

コンテンツ向けアドセンスには、テキスト広告とイメージ広告の2つがあります。他にもリンクユニットと呼ばれる形態もありますが、使用頻度が高いのがテキストとイメージの広告ユニットだと思います。

広告ユニットでテキストとイメージのどちらを掲載するかで悩む人も多いと思いますが、結論から申し上げると、基本的には「イメージ&テキスト」の両方が表示される状態が良いと思います。アドセンスのデフォルトの状態がこれです。

広告の種類は広告タイプで選ぶことができますが、「テキストとイメージ/リッチメディア広告」というのが、イメージとテキストの両方が表示される状態です。

イメージ広告はクリック率が低くなりますが単価が高いので、どちらも表示させるようにしておいたほうが、全体の報酬では上がることが多いです。ただ、サイトによる差もありますので、必ず自分のサイトでどうなるのかをテストしてください。

また、広告を配置する場所によっては、テキストのみの方がいい場合もありますし、広告をデザインとして組み込むのであれば、イメージのみにしても良いと思います。アドセンスに100%の正解はありませんので、自分のサイトにあわせて考えてみましょう。

以下、テキスト広告とイメージ広告の簡単な特徴を書いておきます。

クリック率が高いテキスト広告

イメージ広告よりもテキスト広告の方がクリック率が高いという特徴があります。ネットに慣れていないユーザは、イメージ広告をクリックする事も多いのですが、ネットに慣れたユーザは自然とイメージ広告を視界から外してサイトを見るようになっています。

画像に書かれた文字は読まれないと言うのと同じ事ですが、ユーザに本気で伝えたい時には、画像よりもテキストの方が良いという事になります。

しかし、サイドバーに表示する場合や、リピータのクリック率を高める為には、イメージ広告の方が効果的な場合もありますので、どんな場合でもテキスト広告が良いという事ではありません。サイドバーは元々、ユーザがあまり目を留めない部分ですので、画像でインパクトを与える事で広告の存在をアピールする事ができます。

リピータはサイトのどこに広告が配置されているのかを知っていますので、その部分は自動的に視線を移さないようになっています。そういったリピータの興味を引くのが、普段見慣れていないイメージ広告という事になります。

テキスト広告はサイトイメージを崩さない

テキスト広告は、どのサイトのどのページに配置してもあまり目立たず、サイトのイメージを損なうことがありません。リンクの色や背景色を自由 に変える事ができますので、サイトで使われているリンク色や背景色と同じにする事で、より自然な形で広告を設置することができます。

また、テキストリンクは、ユーザがクリックすることに抵抗がないと言われています。イメージ広告の場合、宣伝色が強くなりますが、テキスト広告であれば、控えめにアピールする形が作れるのです。

サイトを華やかにするイメージ広告

テキスト広告の方が圧倒的に使用率が高いのですが、テキスト&イメージ広告を使うこともあります。また、サイドバーなどで他社広告とアドセンスを並列に掲載する場合には、イメージのみを使用する事もあります。

サイドバーには、他社ASPのアフィリエイト広告を載せたり、サイト独自の広告枠を設けている場合もあると思いますが、そういった広告とアドセンスを一緒に並べる場合には、アドセンスもイメージにした方が良いでしょう。

また、ヘッダーやサイドバーにイメージ広告を載せることで、サイト全体が華やかになるという効果もあります。広告の大きさや種類にもよりますが、あえて目立つ位置にイメージ広告を掲載する事で、サイトにアクセントをつける事もできるのです。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2012年10月28日

サブコンテンツ

このページの先頭へ