アドセンスの審査に一発で合格するための趣味・日記ブログ作り

アドセンスを利用するためには、サイトの登録申請を行いアカウントを取得しなければなりません。何度申請しても受からないと言う人も多いのですが、アドセンスの審査はそれほど厳しいものではありませんので、要点をつかんでサイトを作っていけば、基本的にどんなジャンルのサイトでも審査を通過することは可能です。

ただ、当たり障りの無い日記ブログで審査を通して、実際にアドセンスを貼るのは別サイトという形を取るのが一般的になっています。アドセンスのコードは、審査を通過したサイト以外に貼ることも認められています。

最近のアドセンスは二段階審査方式になっており、1次審査でとりあえずコードを発行し、サイトにコードを載せ、その後アドセンスチームが本審査するという流れになります。

2次審査を通過しないと広告を載せることはできませんが、以前より審査が厳しくなっているということではありませんので、審査に通過しやすい形式のサイトを作り、アカウントを作るのが良いと思います。

ユーザーのためのサイト作りを心がけ、普通にサイトを作れば普通に審査はパスできるはずです。ちなみに、私がアドセンスに申し込んだ時は、まだ1回の審査で済んでいた時ですが、申し込みから2時間ほどで合格通知が来ました。

審査用ブログの作り方

  • 無料ブログを使う
  • サイドバーから余計な項目を外す
  • プロフィール欄を作り、連絡先を記述する
  • 消せる広告は全て消す
  • ブログ内からリンクを張らない
  • ブログランキングに参加しない
  • リンクプログラムに参加しない

アドセンス広告が貼れない無料ブログで申請しても審査には通りません。アドセンス用の無料ブログしておすすめなのがSeesaaやライブドアです。FC2は他のアフィリエイトを行う場合でも利用価値が高いと言えますが、FC2の場合、申し込み方法が異なるため、他のブログでAdSenseアカウントを取得して、その後FC2ブログを開設して貼るのがいいと思います。。

もちろん、はじめから独自ドメインブログなどで申請しても良いのですが、審査に通りやすいのは趣味や日記のありきたりなブログです。あくまで審査用のブログなので、無料ブログで良いと思います。

作ったブログのサイドバーは、プロフィールと新着情報とカテゴリぐらいのシンプルな作りにしておきます。プロフィール欄には連絡先としてメールアドレスを載せて置いた方が良いでしょう。

標準で掲載されている広告があるとマイナスポイントとなりますので、無料ブログの場合は、設定で消せる広告は消しておきます。

ブログ内からリンクを張ってしまうと、そのリンク自体も評価対象となってしまいますので、審査をパスするまでは内部リンク、外部リンク問わず張らない方が良いでしょう。

ブログランキングやリンクプログラムなど、アクセスアップを目的とするようなツールは使用しない方が良いでしょう。ブログランキングへの参加は審査通過後に行います。

記事の書き方

サイトの構造と共に重要となるのが、公開されている記事の中身です。

  • 500文字以上の記事を10ページ以上作る
  • 毎日1ページずつ更新する
  • 内容は日記や趣味に関するものにする
  • 違法ギャンブル、アダルト、公序良俗に反するような記事は書かない

当たり前の事ですが、記事は他のサイトからコピーしてきたものではなく、100%自分のオリジナルの記事である必要があります。テキスト量も重要ですので、最低でも500文字以上あった方が良いでしょう。

また、1日で10記事作るよりも、毎日1記事ずつ作っていく方が、更新されているブログである事を伝えられますので有利です。日付調整したり予約投稿を利用して毎日更新しているように見せても良いでしょう。

記事の内容は何気ない日記や趣味に関するものが良いと思います。当然のことですが、アドセンスのプログラムポリシーに違反しているサイトでは、審査はパスできませんので、アドセンスで禁止されているような内容はNGです。

ブログを作ると色々とやりたいことも出てくると思いますが、色々やるのはアドセンスの審査に通ってからです。アドセンスは一度審査に通っても、常に監視の目が光っていますので、ポリシー違反はいけませんが、まずは審査に通らなければ話になりません。

審査に合格するまでは、文章のみの記事を書いて、合格したら自分の好きなように記事を書いたり、他のサイトに広告を掲載するのが良いと思います。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2012年10月28日

サブコンテンツ

このページの先頭へ