アドセンスのアカウント停止にならない為に不正クリックに注意する

アドセンスで最も怖いのはアカウントが停止されてしまう事です。アドセンスはクリック保証型のアフィリエイトサービスですので、成果報酬型のサービスよりも厳しい目が光っています。

以前と比べると、何も思い当たる節が無い状態でアカウント停止になる事は減っていますが、それでも少しのミスで停止されてしまう事もありますので、注意した方が良い事をまとめておきます。

不正なクリック

広告を自分でクリックしたり、家族が友人に頼んでクリックしてもらう事は、不正行為です。ばれないように自動的に広告をクリックするようなプログラムもありますが、絶対にバレますので利用してはいけません。

不正クリックが発覚した場合には、多くの場合、警告メールなしの一発退場となります。ちょっとぐらいなら分からないだろうという気持ちでクリックしてしまう方も多いのですが、不正クリックは必ずばれます。

モバイル向けアドセンスは、Googleの目が厳しくないという話があり、携帯サイトでクリック率を伸ばしたり、ユーザーエージェントを偽ってクリックを水増しする人もいるのですが、いかなる場合も不正は禁物です。

広告主の利益にならないことは、最終的に自分たちの不利益になります。広告主が損害を被って、アドワーズを利用しなくなれば、Googleの収益が減り、アドセンス利用者への利益も少なくなります。自分たちの収益を守るためにも不正クリックは厳禁です。

クリックの誘導

クリックを誘導したり、クリックを促すような文言を掲載することは禁止されています。アドセンス広告の前に表示できる言葉は、「広告」、「スポンサーリンク」の2つだけです。(以前は、「スポンサード リンク」が推奨されていたのですが、現在はヘルプページなどを見ると、スポンサーリンクとなっています。どちらでも良いと思いますが、迷ったらスポンサーリンクで良いでしょう。)

サイドバーに他の項目と同じように広告を並べる場合には、必ず見出しとして「広告」や「スポンサーリンク」と明記するようにしましょう。一番上に掲載する時は不要な場合もありますが、要するにサイト内コンテンツと広告が紛らわしい形で掲載してはいけないということです。

広告の近くにユーザの目を引くような画像を載せるのも誘導と取られて警告を受けるかもしれません。広告と画像の間に線があれば良いという意見もありますが、やめておいた方が良いでしょう。

タイトル下にアドセンスを載せているサイトも多いですが、その際は必ず線を引いたり、「広告」などのラベルを付けて、このタイトルが表しているものが、以下のリンク先ではないということをわかるようにしなければなりません。

また、記事と広告が接近しすぎていると、その文章がクリックを誘導していると取られかねませんので、記事と広告の間には、ある程度の余白を取った方が良いでしょう。どこに掲載する場合でも、ユーザーが誤ってクリックしないように、周辺には余白を設けたほうが良いと思います。

コンテンツ不足

アドセンス広告は内容の薄いページに掲載することが禁止されています。どれぐらいのテキスト量が必要なのかは、サイトの内容によっても変わってくるのですが、問合せページやプライバシーポリシーなどのページに貼るのはやめておいた方が良いでしょう。

WordPressのようなCMSを使っている場合、テンプレート部分に挿入して、一ページずつ確認しないという方が多いと思いますが、その中にテキスト量の少ないページが含まれている場合もありますので注意が必要です。

»WordPressで特定の記事、ページにだけ広告を表示させない方法

実際やったことはありませんが、WordPressサイトで質の低いページにアドセンスが表示されてしまう場合には、これで対処したほうが良いかもしれません。なお、コンテンツ不足が原因の場合は、一度警告メールが来るケースが多いと思いますので、その際は広告を外すか、コンテンツ量を増やしましょう。

また、ペラサイトと呼ばれる1ページしか存在しないようなサイトでのアドセンスの利用は控えた方が良いでしょう。

コピーサイトへの掲載

内容の薄いページへの掲載と同様に、他のサイトからを盗んできたような内容のページには広告を掲載することができません。RSSフィードから自動的に記事を取得して、自動で投稿するようなブログも増えていますが、こういったサイトに広告を掲載することは、ポリシー違反となります。

アドセンスは著作権違反サイトに対しても厳しい措置を取りますので、動画サイトや画像を他のサイトなどから持ってきている場合にも違反の対象となります。Googleが提供しているYouTubeも著作権違反の動画多いですが、もちろんそれもダメです。

広告の掲載位置

ページタイトルの下など、目立つ位置に広告を配置することでクリック率が上がりますが、タイトルの下に広告を載せる場合は、コンテンツと広告を区別できるように、背景色を変えたり、枠をつけたり、広告の上にスポンサード リンクという文字をつける必要があります。

広告をサイトに一体化させることでクリック率が上がりますが、紛らわしい掲載方法は違反の対象となりますので、広告であることはわかるようにしておかなければなりません。仮に、サイトに紛れ込ませてクリック率を上げても、広告を見たユーザーは直ぐに直帰してしまい、スマートプライシングによって収益が下がっていくはずです。

アドセンスでは、広告とわかった上でクリックしてもらい、広告ページをしっかり見てもらうことが大切です。そうすることで、広告主の利益となり、ひいてはアドセンスを設置しているユーザーの利益につながるのです。

類似広告との併用

アドセンスは、他の似た形態のアフィリエイト広告と同列に並べることが禁止されています。他の広告と紛らわしい形で掲載することはNGということです。特に、同じレイアウトや広告色になっていて、アドセンスと混同されるような掲載方法は警告の対象となります。

最近はアドセンスを設置するサイトが多くなったことで、ユーザーもアドセンス広告はすんなり受け入れられるようになっています。そのため、アドセンスと同じ広告の表示方法を実現する広告サービスが多くなっています。

イメージ広告については、世界的な基準がありますので、どうしても他の広告サービスやアフィリエイト広告とかぶってしまうのですが、明らかに似ている広告をアドセンスと並べて表示しないほうが良いでしょう。

プライバシーポリシーの表示

アドセンスを利用する場合、サイト内にプライバシーポリシーを掲載する必要があります。企業サイトなどで掲載するプライバシーポリシーとは内容が異なり、CookieおよびWebビーコンに関する項目が必要となります。

»サイトのプライバシー ポリシーについて

アドセンス指定のプライバシーを載せていないと、直ちにアカウント停止になるわけではありませんが、一応載せることが決められていますので、サイト内にポリシーページを作り、そのページヘのリンクをわかりやすい位置に載せておきましょう。

アドセンスコードの修正

基本的に、アドセンスコードを修正して利用することは禁止されています。自分の好きなサイズの広告を掲載したいというのは誰もが思うことですが、用意されている広告以外の大きさにする事はできません。

唯一コードの修正が認められているのがABテストを行うときです。効果的な広告を比べる時に行われるものですが、ABテストのためにコードを編集することは認められています。

また、特殊な方法を用いて、広告ユニットを1ページに4つ以上表示したり、広告が別窓で開くように調整したり、IFRAMEを使って広告表示を操作することも禁止されています。

※プレミアムアカウントなどで、特別に広告ユニットを4つ以上掲載できることがありますので、4つ以上載せているサイトが全て違反しているというわけではありません。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2012年10月28日

サブコンテンツ

このページの先頭へ