アドセンス広告の貼りすぎは収入を減らす要因になる?ならない?

アドセンスは1ページに最大で7つの広告を貼ることができます。

  1. 広告ユニット×3
  2. リンクユニット×3
  3. 検索アドセンス×1

アドセンスをやっている人の意見では、「貼れるだけ貼った方が良い」というのと、「数は抑えた方が良い」という二つの考え方があります。

どちらが正しいのかは分かりませんが、現時点での私の感想としては、「貼れるだけ貼ったほうが良い場合が多い」といった感じです。

数が多いと単価の低い広告が表示される可能性が高まり、そういった広告がクリックされてしまうと報酬が減ってしまいます。数が多くなることでクリックされない広告が出てきますので、高単価広告が表示されてもクリックされない可能性が高くなります。

そういったデメリットがある反面、やはり広告が多く表示されていたほうが、クリック数が多くなりますので、トータルでは、やはり貼れるだけ貼ったほうがいいということになるのかもしれません。

ただ、私の実験では、1サイトだけ、広告数を増やすとCPCの落ち込みが激しく、1つに絞ったほうがトータルでの収益が増えたサイトがあります。株のサイトなのですが、サイドバーに2つと、記事下に1つ設置した場合よりも記事下1つの場合のほうが収益が増えました。

なぜそうなるのかは良くわかりませんが、サイトによっては数を減らすことで収益がアップすることもあるので、CPCが低いサイトについては試してみる価値があるように思います。

コンテンツ重視のサイト作り

サイトの内容なんて二の次で、アフィリエイト広告をいくつも貼り、とにかく多くのアクセスを集める事で稼げたような時代がありましたが、現在はユーザが求めるようなコンテンツを提供できていないとアドセンスで稼ぐことは難しくなっています。

アドセンスはページ内容を分析して、自動的に関連性のある広告を表示するシステムとなっていますので、コンテンツ(テキスト)がしっかりしていないと、狙った広告が表示されない可能性もあります。

アドセンス収入を増やしたいのであれば、ユーザを騙す様な小手先のテクニックを使うのではなく、有益なコンテンツを作って、安定したアクセス数を確保する必要があります。

有益なコンテンツと言われても、どんなページを作れば良いのかわからないという方も多いと思いますが、自分の得意分野に関する記事であれば、深い内容にする事ができるはずです。そういった記事を増やしていけば自然と有益なコンテンツができるはずです。

アドセンスはPVが重要

アドセンスはクリック単価とクリック数の掛け算で収益が決まりますので、単価の高いジャンルで、効果的な広告配置を行うことで、収益が上がっていきますが、アクセス数はかなり重要です。アクセスが無ければ話になりませんよね。

アドセンス収入は、基本的にはアクセス数がアップすれば収益もアップしていきます。物販アフィリエイトのように、2倍、3倍と増やしていくのは大変なのですが、徐々に徐々に増やしていくことは可能です。

ただし、逆にアクセス数が減った場合には、アドセンス収入も下がる可能性が高いと言えますので、Googleのパンダアップデートやペンギンアップデート、ペナルティなどでアクセス数が大幅に減ってしまった時は、収入が激減してしまうかもしれません。

そういった事にならないようにするためにも、ユーザー目線のコンテンツサイト作りが重要になってきます。これはきれいごとでも何でもなくても、そうすることが最も効率良くアフィリエイト収入を増やしていけることなのです。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーでは無料SSLが利用できます。Googleはhttpsのサイトを評価する傾向があり、今後はSSL化が必須になってくるでしょう。無料SSLは簡単に導入できるのでとても助かっています。

エックスサーバーの公式サイトへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ