イメージ広告を使ってアドセンス収入を増やす方法

アドセンスの広告にはテキスト広告とイメージ広告がありますが、一般的にクリックされやすいのはテキスト広告の方です。イメージ広告は、「広告」という印象が強く、広告を求めていないユーザーは素通りしてしまいます。

テキスト広告の場合、サイトの内部リンクと勘違いしてクリックするユーザがいる事と、イメージ広告と違い、同じサイズでも複数の広告が表示されますので、必然的にクリック率は上がります。

アドセンスの場合、サイトコンテンツと混同するような形で、テキスト広告を掲載することは禁止されていますが、サイトのリンクやテキストと同じ色にすることはOKですので、あまり広告ということを意識させすに自然に、広告のタイトルリンクや文章を読ませ、その流れでクリックしてもらうことが可能です。

しかし、イメージ広告も配置する場所などによっては、意外とクリックされるもので、イメージ広告はクリック単価が高いのでサイトによっては、積極的に使っても良いと思います。

バナー広告のクリック率調査

2009年にインターネットコムと goo リサーチが行ったバナー広告の調査で、ユーザーがクリックしたくなる広告は、検索連動型やコンテンツ連動型広告ではなく、バナーなどの画像やFlashの広告であると発表されています。

»広告の調査結果

この調査は、アドセンスのテキスト広告とイメージ広告のクリック率調査ではなく、あくまでコンテンツ連動型広告とバナー広告を比較したものです。しかし、バナーのような画像の広告でも意外とクリックするユーザが多い事が分かります。

アドセンスの場合、テキスト広告よりもイメージ広告の方がクリック率が高くなると言う事はほとんどありませんが、ヘッダーやサイドバーに表示する広告については、積極的にイメージを使っても良いのかも知れません。

ブログの記事の最後に設置する場合には、テキスト広告のみにしたほうが良いという話もあるのですが、私の経験上、記事下もテキスト&イメージが最も報酬が高くなりました。

イメージ広告のクリック単価

イメージ広告はテキスト広告よりもクリック単価が高く設定されています。これは一つの広告が占領するサイズが大きいからです。

例えばレクタングル大の場合、テキスト広告であれば、最大で4つの広告で336×280を使うわけですが、イメージ広告の場合には1つで336×280を使う事になります。広告費というものは基本的にサイズで料金が変わってきますので、大きなサイズを使う広告は費用が高くなります。

アドセンスの場合、テキストとイメージの両方を表示する広告の種類がありますが、この場合、テキスト広告のすべての入札単価を超えた場合にイメージ広告が表示されるようになっています。ですので、必然的に表示されたイメージ広告は単価が高いという事になります。

サイト内の全てのアドセンス広告をイメージにするのは良くありませんが、イメージ&テキストを使用したり、掲載場所によってはイメージで固定してみるのも面白いかもしれません。

レクタングル大と中はどちらがいい?

なお、レクタングルを使う場合、レクタングル大(336×280)とレクタングル中(330×250)がありますが、基本的にはレクタングル大の方が効果が高いとされています。

ただし、イメージ広告については、レクタングル中の方がクリック率などを加味してトータルで考えると報酬が上る可能性があります。全てのサイトでそうなるわけではありませんが、私の場合、保険サイトについては、レクタン大よりも中の方が報酬が上がりました。

テキスト広告のみを選択する場合であれば、レクタン大で良いと思いますが、イメージ広告や、テキスト&イメージを選ぶ場合には、レクタン中も試してみて、どちらが効果的なのかを実験してみるがの良いと思います。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2012年10月28日

サブコンテンツ

このページの先頭へ