被リンクを増やすためのサテライトサイト作り

サテライトサイトとは、自分が管理するサイトにリンクを張るためのサイトのことで、衛星サイトとも呼ばれています。自分で自分のサイトにリンクを張ることに、抵抗を感じる方もいるかもしれませんが、サテライトサイト作りはSEOの肝とも言える部分です。

有料リンクを利用しない場合の被リンク獲得法としては、コンテンツを充実させてナチュラルリンクをGETするか、リンク集などに登録したり、リンクプログラムに参加するという方法があります。

コンテンツによってナチュラルリンクを大量に獲得できれば、その他の被リンク対策は必要ないのですが、実際にはそう簡単にナチュラルリンクを得られるようなコンテンツは作れません。そこで活躍するのがサテライトサイトというわけです。

サテライトサイトのリスク

Googleのリンクに対する目が厳しくなっていますが、それでも現時点ではサイト評価において最も重要なものが被リンクであることに変わりはなく、多くのアフィリエイターが、自分のサイトに自分でリンクを張る、いわゆる自演リンクを行なっています。

最近はリスクを考えて、サテライトサイト作りをやめるアフィリエイターも出てきていますが、まだまともなアクセス数を集めるためにサテライトづくりが欠かせ ません。ノーリスクでアフィリエイトしたいのであれば、人工的なリンクはやめた方が良いと思いますが、直ぐに成果を出したいのであれば避けて通れない道と も言えます。

 ただ、サテライトサイトを用意しても全てGoogleに評価対象外にされてしまっては、サイトを作ったコストが無駄になってしまいます。無限に資産があるアフィリエイターであれば良いのですが、初心者の方は、お金も時間も自由にならないでしょうから、個人的にはサテライトを作ることはオススメしません。

ただ、それでもリンクを張りたいと考えるのであれば、無料ブログを活用するのが良いと思います。無料ブログはドメインパワーが強いので、あまりペナルティを受けないと言われています。全く受けないわけではありませんが、普通のサイトを作っていけば大丈夫でしょう。

無料ブログを利用してサテライトサイトを作る

サテライトサイトを独自ドメインで作っていっても良いのですが、コストやIPアドレスの分散という事を考えると無料ブログや無料ホームページを使うのが一般的です。

ただし、開設したばかりのブログからリンクを張っただけでは、ほとんど被リンク価値は期待できませんので、サテライトサイトをしっかりと更新していかなければなりません。

さらに、一度に大量のリンクを張ったり、トップページばかりにリンクを張ってしまったり、全てのリンクが同じアンカーテキストになっていると価値が下がってしまいますので、注意しましょう。

無料ブログを活用する時の注意点は、ブログサービスの規約に違反したり、アフィリエイトが目的のブログと判断された時にブログごと削除されてしまう可能性があることです。どれだけ時間をかけて作っても、サービス側の都合で削除されてしまうことがあります。

無料ブログ一覧

データが古いので、現在存在しないブログも含まれているかもしれませんが、個人的に過去に使っていた無料ブログをご紹介します。

  1. http://blog.fc2.com/
  2. http://blog.seesaa.jp/
  3. http://ameblo.jp/
  4. http://atword.jp/
  5. http://blog.so-net.ne.jp/
  6. http://www.cocolog-nifty.com/
  7. http://www.voiceblog.jp/
  8. http://blog.goo.ne.jp/
  9. http://blog.livedoor.com/
  10. http://www.torablog.net/
  11. http://d.hatena.ne.jp/
  12. http://blog.dtiblog.com/
  13. http://ja.wordpress.com/
  14. http://www.cafeblo.com/
  15. http://blog.ninja.co.jp/
  16. http://www.exblog.jp/
  17. http://ex5.biz/
  18. http://maglog.jp/
  19. http://blogs.yahoo.co.jp/
  20. http://webryblog.biglobe.ne.jp/
  21. http://autopage.teacup.com/
  22. http://www.yaplog.jp/
  23. http://jugem.jp/
  24. http://blog.4ut.jp/
  25. http://blog.typepad.jp/
  26. http://blog.3016.jp/
  27. http://269g.jp/
  28. http://www.anisen.tv/
  29. https://www.blogger.com/
  30. http://blog.netlaputa.ne.jp/
  31. http://blog.oricon.co.jp/
  32. http://fanblogs.jp/
  33. http://blog.eonet.jp/
  34. http://meblog.jp/
  35. http://betoku.jp/
  36. http://blog.qlep.com/
  37. http://coblog.corich.jp/
  38. http://sublimeblog.jp/
  39. http://www.2chiiki.jp/
  40. http://blog.fideli.com/
  41. http://ybl.jp/
  42. http://blog.goyah.net/
  43. http://www.hobidas.com/
  44. http://blog.ecity.ne.jp/
  45. http://maruta.be/
  46. http://cscblog.jp/
  47. http://www.actiblog.com/
  48. http://laff.jp/
  49. http://shinshu.fm/
  50. http://www.areablog.jp/
  51. http://www.blog.bbiq.jp/
  52. http://www.chatta.jp/
  53. http://b.coocle.jp/
  54. http://blog.canpan.info/
  55. http://www.dabu.jp/
  56. http://gugugulobuu.com/
  57. http://www.igablo.jp/
  58. http://kurasse.jp/BlogIndex.aspx
  59. http://www.noblog.net/
  60. http://slowtown.net/
  61. http://txt.jp/
  62. http://www.syncl.jp/
  63. http://sitemix.jp/
  64. http://press9.net/
  65. http://blog.naturum.ne.jp/
  66. http://buzzlog.jp/
  67. http://seoblo.jp/
  68. http://blogoo.ne.jp/
  69. http://log.md/
  70. http://playlog.jp/
  71. http://plaza.rakuten.co.jp/
  72. http://www.iza.ne.jp/voice/
  73. http://www.blogoodies.jp/
  74. 地域ブログ(フッターに沢山あります)

SEO効果の高そうなブログに限定していますが、それでも地域ブログを含めると100個ほどにはなります。時間がある場合には、全てのブログサービスで開設するのが良いと思いますが、自分で更新できそうな数に限定した方が良いかもしれません。

無料ブログは、被リンク目的のブログと取られた場合、警告なしで削除される可能性がありますので、そのリスクも考えて並行して複数のブログを更新していくのが基本です。

また、サテライトサイトの更新は外注を利用しているアフィリエイターが多いようです。外注さんの探し方や、指示の出し方については、パワーアフィリエイトで細かく解説されています。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2012年10月28日

サブコンテンツ

このページの先頭へ