GoogleのSEO対策で上位表示すればYahooの順位も上がる

2010年12月にYahooが、独自開発していたYSTからGoogleに検索エンジンを切り替えました。これはSEO業界に大きな衝撃を与えましたが、検索ユーザの多くが気にしていないというか気づいていません。

アフィリエイトを始めたばかりの方は、YahooがGoogleの検索エンジンを使っているという意味が分からないと思いますが、現在YahooとGoogleの検索結果が同じになっていると言えば分かりやすいと思います。

Yahoo!ショッピングやYahoo!知恵袋、Googleマップなどのそれぞれの検索エンジンの独自サービスについては、それぞれの検索エンジンでしか表示されていませんが、それ以外の部分についてはほぼ同一になっています。

※YahooもGoogleもパーソナライズ検索を導入しており、検索者のブラウザによって検索結果が変わる可能性がありますが、パーソナライズをOFFの状態にしておけば、基本的にYahooとGoogleの検索結果は同じ物になります。

このように、レイアウトや広告枠の部分に違いが見られますが、順位は同じになっていることがわかります。

要するに、Googleで上位表示する事で自動的にYahooでも上位表示されますので、今はGoogleのSEOのことだけを考えれば良いということになります。

他にもBingや百度と言った検索エンジンもありますが、シェアが低く対策した所で大きな効果は見込めませんので、Google一本に絞っても大丈夫です。

ただ、GoogleとYahooの契約は2年更新で、いつでもYahoo側が更新を拒否することができますので、今後再びYahooが独自検索エンジンを始めたり、Bingを採用する可能性はゼロではありません。

Google対策に効果的なSEO

Googleの検索順位を上げるために重要となるのが被リンクです。SEO効果の高い被リンクについては、どれだけ自然リンクを集められるコンテンツが作れるかということが重要になってきます。

また、Googleはサイトの価値を判断する要素として、ブランド力という物も重視するようになっています。ブランド力とは、そのサイトがどれだけの知名度があるのかという事ですが、ブランド力は、サイト名などでリンクを張られたり、他のサイトでサイト名が紹介される事で上がっていきます。

SEO初心者の方は、キーワード重視のタイトルを作るために、サイト名を付けなかったり、前面に押し出さなかったりするのですが、ブランディングを考えた場合、絶対にユニークなサイト名をつけて、タイトルタグとヘッダー部分に表示しておく必要があります。

当サイトのサイト名は「レンサバネット」です。タイトルタグは「格安レンタルサーバーの選び方 – レンサバネット」となっています。このようにキーワードを入れつつユニークなタイトルにする事も可能ですので、新しくサイトを作ったときには、SEOとブランディングを考えてサイト名を付けてください。

ちなみに、ブランド名では、一ヶ月に22回しか検索されていませんが、それでもサイト名でこれだけのユーザーが来てくれているのは嬉しく感じます。

アフィリエイト野郎というサイトでは、月に500件近くのサイト名での流入があります。これは私が管理するサイトでも多い方に入りますが、毎月これぐらいのブランド名検索があればいいなと思っています。レンサバはまだまだコンテンツ力が足りないので、こうやって地道に記事を書いているわけです。

質の悪いサイトの評価が落ちている

2011年の2月にアメリカのGoogleで大きなアルゴリズム更新があり、多くのサイトの順位が落とされました。

パンダ・アップデートやファーマー・アップデートと呼ばれていますが、全体の12%ほどのサイトに影響がでました。パンダ・アップデートによって評価を落としたサイトの特徴としては、質の低いページが多いサイトや広告が多いサイトという事が挙げられます。

日本には全然パンダがやってこなかったのですが、2012年7月についに日本にも上陸しました。主にアフィリエイトサイトが影響を受けたようですが、私のサイトたちもいくつかアクセス数が落ちたサイトがありました・・・

その後パンダアップデート対策を行ったことで、徐々に回復してきましたが、現時点でもピークまでは戻していません。これから中身のある記事を増やしていき、年内にはなんとか元に位置まで戻したいですね。

»パンダアップデートに捕獲されたサイトの具体的な修正内容
»パンダアップデート対策 – 質の低いページをインデックスさせない

こちらの記事で私が行ったパンダ対策を公開しています。広告を減らし、質の低いページをGoogleの評価対象から外してもらい、サイト全体の評価をあげようとするものです。

Googleのペナルティ

GoogleのSEOを実施する際に、気をつけなければならないのがペナルティです。本で紹介されているような基本的なSEOを実施するだけならペナルティを受ける事はほとんどないのですが、早く成果を上げようとすると過剰なSEO対策に手を出してしまうものです。

最も厳しいGoogleのペナルティがインデックス削除です。インデックス削除されると、どんなキーワードで検索しても検索結果に表示されなくなってしまいます。当然サイト名で検索しても表示されませんので、検索エンジン経由のアクセス数がゼロになる事を意味しています。

他にも、特定のキーワードのみ表示されなくなったり、20~30位ほど順位が落ちるようなペナルティは良く見られますので、できるだけ自然な形で実施してGoogleから目を付けられないようにしましょう。

ペンギンアップデート

2012年にGoogleはペンギンアップデートを行いました。パンダの次がペンギンということで、白黒付けたいのかもしれませんが、アフィリエイトサイトにとって怖いのはペンギンアップデートも同じです。

ペンギンでは主に、低品質な被リンクが問題視されました。大量の相互リンクや、大部分が人工的なリンクのサイトの順位やアクセス数が大幅に下がっています。パンダもペンギンもサイト全体に影響が出ますので、こういったアルゴリズムに対応するためにも、過剰なSEO対策は避けた方がいいのかもしれません。

アフィリエイトでは、自演リンクを行うのも基本的なSEO対策の一つですが、これからのGoogleの事を考えると、リスクを下げるためにも自演リンクは一切行わずにアクセスを集める方法を確立する必要があると言えます。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2012年10月28日

サブコンテンツ

このページの先頭へ