Googleの検索順位を上げるためには被リンク対策が必要不可欠

SEOで成果を出すために必要となるのが被リンクで、検索順位を上げたいと思っているのであれば必ず実施しなければいけない対策です。

Googleが不自然なリンクに対して厳しいペナルティを与えるのは、それだけリンクにサイト評価を依存していることの現れでもあります。Googleウェブマスターツールの不自然リンク警告や、ペンギンアップデートによって被リンク対策が難しくなっていますが、今でも被リンクが最も順位を上げるために有効であることは変わりません。

被リンクの獲得方法にはいくつかの種類がありますが、有料リンクや自演リンクに対する風当たりが厳しくなっていますので、その変を考えながらやっていかなければなりません。

自然リンク

自然リンクとは、自然発生的に張られたリンクの事です。ナチュラルリンクやオーガニックリンクとも呼ばれています。本来リンクは全てナチュラルであるべきなのですが、SEOに取り組むサイトが増えたことで、不自然なリンクの方が多いのが現状です。

ナチュラルリンクの大半が、良いサイトや良い記事を自分のサイト訪問者に教えてあげたいという所から始まります。良い物は人に紹介したいと思うのと同じように、ネット上での紹介がリンクと言う行為なのです。

良いコンテンツを作っていれば、ナチュラルリンクは自然と付いてくるものですが、ブログはリンクを張られやすいという特徴がありますので、サイト内でブログを構築すると良いかもしれません。

ただ、そうは言ってもアフィリエイトサイトで自然リンクを集めるのはとても大変です。当サイトではweb関係の技術的な記事が多いので、ある程度自然リンクは付きますが、非IT系の記事ではより自然リンク集めが難しくなります。

相互リンク

相互リンクとは、相手のサイトとお互いにリンクを張り合うことです。基本的にはメールで相互リンクをお願いします。以前は頻繁に行われていた事なのですが、最近ではあまり行われていません。

しかし、企業サイトやアフィリエイトサイトなどのナチュラルリンクを得る事が難しい類のサイトについては、いまでも有効な方法です。ただし、Googleがペンギンアップデートを導入してからは、相互リンクに対して厳しくなっています。

相互リンクによるSEO対策は大変危険になってきているでも書きましたが、リスクを考えるとあまりおすすめできる方法ではありません。サイトを厳選して質の良い相互リンクだけを数本集めるのは良いと思いますが、大量にやると間違いなくペンギンの餌食になります。

Twitterやはてなブックマーク

Twitterやはてなブックマークなどのソーシャルメディアも被リンクの獲得に役立ちます。利用すると言っても、アカウントをいくつも作ってリンクを張ると言うわけではなく、ソーシャルメディアを使っているユーザに好まれるような記事を書くということです。

Twitterやはてなブックマークによるリンクは、被リンク効果としてだけではなく、直接的なアクセスアップ効果も期待できますので、ぜひとも取り入れたい部分です。

詳しくは、はてなやTwitterはリンクにnofollowが付いていませんので、直接的な被リンク効果も望めますが、最近はソーシャルメディアからのリンクは、リンク効果よりもサイト評価を上げるシグナルに使われていると感じます。

SNSで拡散するような記事を何回も書くことで、サイト全体の評価が上がってくるかもしれません。自作自演ではなく、あくまで自然な形で拡散させなければなりません。

自作自演リンク

自作自演リンクとは、無料ブログや中古ドメインなどを利用しサテライトサイトを作って、自分の管理しているサイトにリンクを張ることです。自らのサイトにリンクを張ることに引け目を感じる人もいるのかもしれませんが、SEOを行っている多くの人が実践している事です。

ただし、最近のGoogleは自作自演リンクに対する評価が厳しくなっていて、やり方によってはペナルティを受けるようなケースもありますので注意が必要です。

一度に大量のリンクを増やしたり、リンクを張る際のアンカーテキストをキーワードのみにしたり、トップページばかりにリンクを集めたりするのは危険です。

過剰な自演リンクによって、Googleウェブマスターツールに不自然リンク警告を受けたり、ペンギンアップデートによりサイト評価を下げられてしまう可能性がありますので、やるとしても数を限定して、リンク元サイトの質を上げるようにしましょう。

有料ディレクトリ

有料ディレクトリとは、Yahoo!カテゴリ(ビジネスエクスプレス)やクロスリスティング、Jリスティングなどの、お金を支払って登録してもらうカテゴリ型の検索エンジンのことです。

YahooがまだYSTという独自の検索エンジンを使っていた頃には、必須の対策と言われていましたが、最近ではあまり必要性を感じなくなっています。SEOの予算が余っている場合には利用しても良いと思いますが、登録したからと言って順位が大幅に上がることは滅多にありません。

最近は、有料ディレクトリによっては、ペンギンアップデートの影響を受けていると思われるものもありますので、個人的にはあまりおすすめしません。費用対効果を考えても別のことにお金を使った方が良いでしょう。

有料リンク

有料リンクは、お金を支払ってリンクを張ってもらうことです。通常は月に数万円の料金を半年や1年分まとめて支払います。

効果のほどは、リンク元となるサイトの質やリンクの張り方によって変わってくるのですが、ビッグワードでSEO対策する場合には、有料リンクが無いと厳しいのが現実です。

Googleは、以前から有料リンクに対するペナルティを強化していると言う事を言っていますが、今でもなかば野放しの状態で、販売業者もいなくなりません。

リスクが伴いますので、利用する場合には良く調べた方が良いと思いますが、禁断の果実ですので、一度手を出すとやめられなくなってしまうかもしれません。

不自然リンク警告やペンギンによって、SEO業者も価値あるリンクを作ることを考えるようになっていますが、それでもリンク元サイトを見ると、明らかに質が低いものばかりですので、有料リンクには大きなリスクが伴うことを理解してない場合には使わないほうが良いでしょう。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーでは無料SSLが利用できます。Googleはhttpsのサイトを評価する傾向があり、今後はSSL化が必須になってくるでしょう。無料SSLは簡単に導入できるのでとても助かっています。

エックスサーバーの公式サイトへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ