有料ディレクトリの被リンク効果とペンギンアップデートの影響

もう一昔前のSEO対策と言えるような状態になってしまっていますが、有料ディレクトリに登録することがSEOにとって当たり前となっている時がありました。

Yahoo!カテゴリやクロスリスティング、Jリスティングのような有料ディレクトリサービスに登録する事で、簡単にオーソリティサイトから被リンクを得る事ができるからです。

SEO効果のほどは賛否両論ありますが、企業サイトの場合ナチュラルリンクを得る事が難しいので、有料ディレクトリを利用している企業は多いようです。

ペンギンアップデートの来襲

以前までは、お金があるのであれば有料ディレクトリに登録しても良いというようなスタンスだったのですが、現在はオススメできないというスタンスに変わっています。

現在、日本の検索エンジンはGoogleに一本化されていますが、今のGoogleは人工的な被リンクに対して非常に厳しくなっています。有料リンクや大量の自作自演リンクが対象となりますが、その中には有料ディレクトリも含まれます。

有料ディレクトリの中には、登録すると何十、何百という数のサイトからリンクが張られるものもあります。全サイトで内容が異なっていればいいのですが、通常は全く同じ形態になります。いわゆるシンジケーションリンクと呼ばれるものですが、こういったリンクにはあまり価値がありません。

価値がないというだけならまだいいのですが、Googleのアルゴリズムにペンギンアップデートが導入されたことで、価値のないリンクによってサイト評価を大幅に下げられる可能性が出てきました。ペナルティではないのですが、アルゴリズムによってサイト全体の評価を下げられます。

ペンギンが主に標的にしているのが質の悪い被リンクです。今は、価値のないリンクであれば付けないほうが良いというのが一般的な考え方です。パンダアップデートによって価値のないページであれば作らないほうが良くなっていますが、外部SEO(被リンク対策)にも同じことが言えます。

Googleは、価値のないページや価値のないリンクでGoogleの検索結果が汚されていくのを防ぎたいのでしょう。おそらくこれからどんどん厳しくなっていきますので、人工的な被リンク構築には注意しなければなりません。

 

以下は、過去に書いた有料ディレクトリの紹介とSEO効果となっています。2010年頃はこのような認識でした。

有料ディレクトリサービス一覧

Yahoo!カテゴリ
Yahooが運営する日本最大のディレクトリサービスです。登録審査料は52,500円です。
クロスリスティング
NTTコミュニケーションズ子会社のクロスリスティングが提供するディレクトリサービスです。登録審査料は42,000円です。
Jリスティング
ライブドア子会社のジェイ・リスティングが提供するディレクトリサービスです。登録審査料は42,000円です。
iディレクトリ
スプールが提供するディレクトリサービスです。登録審査料は42,000円です。
BPNディレクトリ
新聞社、雑誌社、通信社などのサイトに導入されているディレクトリ型検索エンジンに、登録するためのサービスです。登録審査料は84,000円です。
SEOタウン
地域情報ポータルサイト「e-まちタウン」のディレクトリサービスです。登録審査料は39,900円です。
SiteList
サイバーエージェント子会社のECナビ子会社のadingoが提供するSiteListのカテゴリに登録する為のサービスです。登録審査料は42,000円です。

ビジネスエクスプレス以外は、何度も申請する事が可能ですので、ほぼ100%登録される形となっています。

有料ディレクトリのSEO効果

有料ディレクトリをアクセスアップ目的で登録している人はいないと思いますが、気になるのは被リンク効果の部分です。

ビジネスエクスプレスは、Yahoo!カテゴリから1つか2つリンクをもらえるだけですが、他のサービスは審査に通過すると、複数のサイトからリンクを張られることになります。

そういった意味でビジネスエクスプレスよりも他のディレクトリサービスの方が、SEO効果が高いという事が言われていますが、一度の登録で多くのサイトからリンクを張られれば、そのサービスには価値があると言うものでもありません。

シンジケーションネットワークと外部リンク効果の関係

ディレクトリのシンジケーションサービスで、一度の登録で100のサイトに掲載されるといった場合も同様です。あなたのサイトのリンクとタイトル&説明文がその提携先である100サイトに掲載されても、その外部リンク効果は100サイト分にはなりません。

説明が少しわかりにくいのですが、異なるサイトからのリンクであっても同じ形式で張られるものについては、全てのリンクがプラス評価されるわけではないという事ですね。

有料ディレクトリを登録されるサイトの数で選んでいる方も多いのですが、その効果は実際に登録してみないと分かりません。決して安い金額ではないのですが、利用する場合でもあまり過度な期待は持たない方が良いと思います。

考えてみれば分かる事ですが、これだけ多くのサイトが登録していると、登録する事による優位性はほとんど無くなっていると言えます。登録する事で検索順位が上がる事があるのは確かですが、多くの場合ノーリアクションです。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2012年10月28日

サブコンテンツ

このページの先頭へ