はてなブックマークによる被リンク効果とアクセスアップ効果

はてなブックマークは、日本で最も大きなソーシャルブックマークサービスです。通称「はてブ」と呼ばれています。他にもBuzzurl、livedoorクリップ、Yahoo!ブックマークなどがあるのですが、livedoorクリップはサービスを終了してしまい、バザールやYahooブクマはあまり使われていないように感じます。

そもそもオンライン上でブックマークするという行為が古いものとなっているのでしょう。その中でも唯一存在価値があるのが、はてブです。ただ、はてブについても一時ほどの勢いはなく、ブックマークとしてではなく、時事的な記事や情報の収集やコメント機能が使われている形です。

はてブの被リンク効果

はてブから貼られる被リンクにはnofollowが付いていませんので、Googleに評価される被リンクとなります。しかし、1つや2つはてブが付いたぐらいでその記事やサイトの評価が上がるとは思いません。

大量のはてブが付くことで他のサイトで紹介されたり、TwitterやFacebookなどでも拡散するようになりますので、そういった二次的な効果を狙うのは良いと思いますが、記事を書いたら自分でブクマするというのはやめた方が良いと思います。

セルフブックマークがダメというわけではなく、被リンク目的でセルクマすることは何のプラスにもならないということです。はてブは被リンク効果ではなく、拡散力を高めるのに役に立ちますが、そんなに簡単に拡散するものでもありません。

今でもSEOセミナーやアフィリエイトセミナーなどで、はてブの重要性を説いている人も多いのですが、個人的には、今から考えるのはもう遅い気がします。

はてなー向けの記事を書くことの弊害

沢山のはてブを集めるためには、はてなーと呼ばれるはてブユーザー向けの記事を書くことが大切です。タイトルで煽ったり、目を引くタイトルにしたり、まとめ記事にしたりとやりかたは色々ありますが、個人的にははてなー向けの記事を書くことで、それ以外のユーザーが興味をもつような記事にならない気がしています。

私自身、2009年頃にはてブの魅力に取り憑かれ、はてなー向けの記事ばかり書いていました。たしかにそれではてブが集まり、アクセス数も爆発的に増えたのですが、完全に麻薬と同じで、その快感から抜け出せなくなるのです。

本当に書きたい記事は別にあるのに、この内容でははてブが集まらないからということで、わざとはてなー寄りに修正するといったことが起こります。訪問者の評価よりもはてなーの評価が気になってきます。そうなると絶対に良いブログにはなりません。

今は、検索エンジン経由のユーザーを重要視していますので、はてブが付こうが付かまいがどうでも良い状態になっているのですが、はてブにハマっている時は苦痛で仕方がありませんでした。それによって得た経験は大きいですが、はてブに依存していない今の方が精神的に楽です。

これはTwitterやFacebookなどのSNSにも同じことが言えますが、ターゲットユーザーをそういった媒体の人に絞ってしまうと、そういった人たちが喜びそうな記事を書かなければいけなくなってしまいます。

それがモチベーションになっているうちは良いのですが、多くの場合いずれストレスになってきます。そうなったら良い記事なんて書けません。「ソーシャル疲れ」という言葉がありますが、ソーシャルは人とのかかわりが密接になるので疲れます。

今でも、はてブによる被リンク効果やアクセスアップ効果は期待できますが、依存や中毒にならないように注意しましょう。

 

以下は、2010年頃に書いた少し古いSEOの紹介となっています。今でも効果がないとは言えませんが、個人的には重要では無くなっていると感じています。

はてなブックマークやBuzzurl、livedoorクリップ、Yahoo!ブックマークのようなオンラインブックマークにサイトを登録する事で、被リンク効果やアクセスアップ効果が期待できます。

特に、はてなブックマークやBuzzurlはリンクにnofollowが付いていませんので、被リンクとして検索エンジンにカウントされます。

異なる1,000個のサイトから張られたリンクと、はてなブックマーク数で1,000を獲得したのとでは、被リンクとしての価値が全く異なりますが、Googleが評価する被リンクである事に変わりはありません。

短期間に被リンクが急増すると、GoogleのQDFアルゴリズムによって、一時的にサイト内のキーワードで上位表示される事があります。これは、はてなブックマークで大量のブクマを集めた場合でも体験できる事で、そういった意味でもGoogleがはてブを評価している事が分かります。

はてなブックマークのアクセスアップ効果

はてなブックマークには、人気エントリーというページがあり、多くのはてブを集め人気エントリーの上位にランクインすることが出来れば、爆発的なアクセス数を獲得する事ができます。

アクセス数が増えるのは、人気エントリーページに表示されている2~3日という短い期間ですが、何千人もの人に自分のサイトの存在を知ってもらえるまたとないチャンスです。

多くのブクマを集める記事には、いくつかの特徴がありますので、今まで意識していなかったという人は、タイトルの付け方や記事の書き方を少し変えてみると良いかもしれません。

一度コツをつかんでしまえば、100はてブを獲得することはそんなに難しい事ではないという事が分かります。1,000はてブというのは、記事の内容だけではなく運の部分も関係してくるので簡単ではないのですが、コンスタントにホッテントリ入りするようなブログを作りたいものです。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2012年10月28日

サブコンテンツ

このページの先頭へ