ブログは更新頻度を上げる事でSEO対策・アクセスアップになる

更新頻度を上げる事で、検索順位が上がるという話がありますが、それとは関係なく更新頻度を上げることは非常に大切です。

Googleの順位を上げるために、頻繁にトップページを更新している方もいるようですが、これはほとんど意味が無いのでやめた方が良いでしょう。全く更新していないサイトでもビッグワードで上位表示されているケースは珍しくありません。

更新頻度を上げる目的は、順位アップではなく検索エンジンのクローラの訪問頻度を上げる為です。多くのアクセス数を得るためには、なるべく早く作ったページをインデックスされた方が良いことは間違いありません。

インデックスを早めるために効果的なのが更新頻度という事になります。毎日更新しているサイトと何ヶ月も更新していないサイトとではクローラの訪問頻度が全く異なります。クロール頻度は更新頻度に比例しますので、更新をストップさせてはいけないのです。

また、更新頻度を高め新しいページを沢山作ることで、自然とロングテール対策になりますので、アクセス数も右肩上がりで増えてきます。ゴミみたいなページばかり増やしても意味がないのですが、それなりのテキスト量がある記事を書いていけば、色々なキーワードでHITするようになります。

更新頻度を高めることは、良いことばかりですので特にブログを運営している場合には、リピータを増やすためにも、できれば毎日、最低でも週に1、2回は更新したいですね。

ブログは更新されていないと評価が下がる

これは多くの方が感じていることだと思いますが、ブログの場合、更新が止まると検索順位が落ちたり、検索エンジンからのアクセス数が下がったりします。

更新されていなくても価値があるサイトは多いですが、「ブログはやはり更新されてこそ価値がある」と思います。検索ユーザーの立場からしても、更新が止まっているブログよりも更新されているブログの方が見てみたいと思うはずです。

検索エンジンは検索ユーザーが求めるものを上位表示したいと考えるものですので、ユーザーから支持されている更新されているブログが上位表示されるのは当然のように感じます。

毎日記事を更新する必要はありませんが、できれば週に1回、最低でも月に1回はブログを更新したいですね。ただ、更新間隔が長くなるほど更新が止まってしまう確率が上がっていきます。週1回であれば生活リズムに組み込むことができますので、おすすめは週1更新です。

現在私が更新しているブログは6つあります。

正直最近は、SEOブログのネタ切れ感が半端無いのですが、なんとか週1更新は維持することができています。紹介していない1つは非IT系のアフィリエイトブログです。

1日に濃い記事を何本も書くのは難しいので、毎朝、来週アップする記事を1本書いています。毎日同じブログの記事を書くのは難しいですが、それぞれに特徴を持たせればなんとか行けるものです。

ブログを分散することで、アクセスアップも期待できます。1つのブログで月10万PVは難しいのですが、複数のブログであれば実現可能な数字です。サラリーマンなどの会社勤めの方が、毎日ブログを更新するのは難しいのですが、アフィリエイトで稼ぎたいと思っているのであれば、それぐらいはやらなければなりません。

»SEOの為の間違ったサイト更新と更新頻度を上げるメリット

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーでは無料SSLが利用できます。Googleはhttpsのサイトを評価する傾向があり、今後はSSL化が必須になってくるでしょう。無料SSLは簡単に導入できるのでとても助かっています。

エックスサーバーの公式サイトへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ