効果的なブログの記事タイトルのつけ方

ブログタイトルの決め方と似た部分も多いのですが、個別記事のタイトル付けもアクセスアップに非常に重要になってきます。訪問者の多くはトップページではなく、記事からやってきますので、それぞれの記事をSEOしなくてはなりません。

ブログ名やブログトップのタイトルタグについては、ブランディング重視でも良いと思いますが、各記事のページタイトルはSEO重視でいいでしょう。

記事のタイトル付けで重要となるポイントは以下の4点です。

記事のタイトルはYahooやGoogleの検索結果に表示されますので、キーワードを入れることや、長くしすぎないという点は、ブログタイトルと同じですが、ソーシャルメディアを意識するという部分が異なっています。

キーワードを入れる

SEOで重要となってくるのが、タイトルタグのキーワードや内部リンクです。内部リンクのアンカーテキストを決める際にも、リンク先のページタイトルが重要になってきますので、タイトルタグはとにかく重要です。

ただ、キーワードを沢山含めればいいというものではありません。キーワード数が多くなると、1つずつの力が弱まってってしまいますので、適度な数に抑えます。いくつまでなら良いという事はないのですが、常識の範囲内で留めておきましょう。

ただ、1つや2つなどそこまで少なくする必要はないでしょう。下層ページはロングテールキーワードでの流入がメインとなりますので、4つや5つ入れても大丈夫です。

「効果的なブログの記事タイトルのつけ方  – アフィリエイトのやり方」

このページのタイトルタグはこのようになっています。「ブログ」「記事」「タイトル」「付け方」がターゲットキーワードとなっており、「アフィリエイト」「やり方」というのはカテゴリタイトルとしてサブ的に付けています。

キーワード数は6つという事になりますが、これぐらいであれば全然Okです。場合によってはもっと多くなることもあります。

ユーザーを意識する

SEOにおいてタイトルタグを評価するのは検索エンジンですが、YahooやGoogleの検索結果に表示されて、それをクリックするのは人間であるユーザーですので、クリックするユーザーのことも意識しなければなりません。

そのページがどんなページなのかわからないのは問題がありますし、タイトルとページの内容が異なっていてもユーザーの期待を裏切るだけです。ユーザーがクリックしたいと思うようなタイトルで、なおかつ、ページの内容を端的に表したものにする必要があります。

キーワード数が多かったり、あきらかにSEO目的のタイトルになっていると、検索ユーザーは嫌悪感を覚えます。今の検索ユーザーはリテラシーが高い人も多いですので、奇をてらったものやウソを付くのはやめましょう。

ソーシャルメディアを意識する

ソーシャルメディアとはTwitterやFacebook、ソーシャルブックマークなどの事ですが、その中でも特にTwitterやFacebookが重要になってきます。SNSでその記事が拡散することで、直接的にアクセスアップになりますし、見る人が多くなれば被リンクも増えます。

SNSで拡散する記事はタイトルも特徴的な場合が多く、ソーシャルユーザーの目にとまるようなタイトル付けが必要になってきます。ただし、狙いすぎは良くありません。ソーシャルユーザーは思っている以上にシビアですので、拡散目的が前面にでていると拡散しにくくなります。

また、SEOやアフィリエイトに関する記事では、はてなブックマークを利用するいわゆる、「はてなー」向けのタイトルを付けることを推奨している事も多いですね。

はてなブックマークユーザの目に留まり、ブックマーク数を増やす事ができれば、SEOとアクセスアップの両方を実現することが出来ます。

ブックマークされやすい記事の書き方としては、まとめ記事や何かの使い方などの記事が有効ですが、タイトルもはてブ数を増やすために重要な要素となります。

»歴代はてなブックマーク数の1位〜500位までのタイトルの傾向
»ホッテントリーメーカー

記事によって付けられるタイトルに制限がありますが、数字を絡ませるという事が一つのポイントとなっているのが分かると思います。

全ての記事タイトルがはてブユーザ向けになっていると、いやらしい印象を与えてしまうのですが、自信のある記事が書けた時は、特にタイトルの付け方に気を配ってください。

長くし過ぎない

タイトルは検索結果に見えるのが全角30文字ほどですので、30文字以内に納めるのがSEOの基本とされています。

私は、30文字以上でも全然構わず付けてしまいますが、それでも検索結果に見える部分には気を配っています。

WordPressのAll in One SEO Packというプラグインをインストールするとタイトルタグの文字数が確認できます。上記の記事では全角40文字となっています。

また、特に重要となるキーワードは、検索結果に隠れないようにタイトルの前方に配置するのが良いかもしれません。無理やり前方に持ってくるのは逆効果ですが、なるべく前の方を意識するのが良いかもしれません。

タイトルタグの前方にキーワードを持ってくることでGoogleのSEO対策にプラスになるというのは、今ではあまり関係なくなっていますが、タイトルの後方にユーザーが興味を持つキーワードがあっても、目に止まらないかもしれません。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2012年10月28日

サブコンテンツ

このページの先頭へ