見出しタグの使い方とCSSによるデザインサンプル

ブログは文章を読んでもらう事が第一となりますが、文章の書き方によって読みやすさは大きく異なります。特に文章量が多い記事の場合、見出しや段落に気をつけないと非常に読みづらい記事になってしまいます。

SEOの観点からh1やh2の見出しタグを使っているサイトが多いと思いますが、見出しは検索エンジンのためと言うよりもユーザの為に使うのが良いと感じています。

h1やh2にキーワードを入れるというのが内部SEOの基本ですが、h1自体のSEO効果がほとんどなくなっていますので、あまりこだわる必要は無いでしょう。

当ブログでも記事の中で頻繁にh3やh4などの見出しタグを使っています。無料ブログの場合には、見出しタグを挿入する事が難しいかもしれませんが、その場合には、フォントサイズを少し大きくして文字を装飾したものを見出しとして使うのが良いと思います。

見出しを使う意味

文章をダラダラと並べるよりも途中に見出しを挟んだ方が、文章のまとまりと言う事が見えますし、とても読みやすい記事になります。

見出しは、その後に続く段落を要約するものです。ユーザが頭から全ての文章を読んでくれるのがベストですが、自分の気になる部分だけを読みたいというユーザもいます。自分の気になる部分がどこなのかを簡単に分かるようにしてくれるのが見出しです。

記事の一部だけを読まれる事に嫌悪感を感じる人もいるのかもしれませんが、全く読まれないよりは、一部だけでも読まれた方が良いと思います。見出しや段落をしっかり使って、読みやすい記事を書いていれば、全て読んでもらえる可能性が高くなります。

ブログは、記事の内容がもちろん大切ですが、それ以上に読みやすさと言うものが大切になってきます。読みづらい記事はストレスを感じますので、リピート率を下げる要因になります。

自分の記事を読み返さないという人も多いのですが、記事を公開した時は、投稿画面だけではなく必ずブログ上で確認するようにしてください。

CSSで作る見出しのサンプル集

CSSのみでデザインする見出しのサンプル集です。

見出しをその都度装飾している人もいるのですが、h3やh4などをCSSでデザインしておけば、タグを挿入するだけで、デザインが出来上がります。

見出しタグとSEO

冒頭でも述べたように一昔前は、h1やh2タグをSEO目的で使うことも多かったのですが、現在のGoogleはほとんど評価に含めていないか、もしくは全く加点対象としていないので、見出しをSEOに使う必要はありません。

見出しにキーワードを入れなくても良いですし、全く使わなくてもそれほど大きな問題はありません。文書構造としてあったほうが良いと思いますが、検索エンジンのために設置する必要はありません。

また、見出しの数を気にする人も多いのですが、基本的にはページ内でいくつ使っても大丈夫です。HTML5を除き、h1については、基本的に1ページに1つですが、あまり神経質になる必要はありません。

サイトをHTML5にしてh1を何度も使えば評価が上がるというものでもありませんし、hxタグは今やその程度の扱いになっています。最近思うのですが、もしかしたらSEO効果があると言われていた時でも、本当は効果がなかったのかもしれません。

»文章の質を上げる段落や改行と文字の色

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2012年10月28日

サブコンテンツ

このページの先頭へ