Fetch as Googleでインデックス速度を早める

レンタルサーバーとは関係のない話なのですが、最近Googleのインデックス速度が遅くなっているという話を良く耳にします。私自身も、サイト評価がそれほど高くないサイトのインデックス速度が落ちているような気がしています。

インデックスというのは、検索エンジンのデータベースに載ることで、インデックスされないことにはGoogleやYahooの検索結果には表示されません。鮮度が求められる記事は、なるべく早くインデックスさせたいですよね。

今までWordPressサイトであれば、被リンクがほとんどないようなサイトでも、記事を公開してから数時間以内にはインデックスされていたのですが、最近は数日かかるケースもあります。

どういったサイトのインデックス速度が落ちているのかは良く調べていませんが、運営歴が浅いサイトが遅くなる傾向があります。その際、クローラーの訪問頻度は関係無いような気がしています。

インデックスを早める方法はいくつかありますが、現時点で手軽にできて効果的なのがGoogleウェブマスターツールのFetch as Googleを使う方法です。時々ページを追加して、追加するページ数がそれほど多くない場合にはオススメです。インデックスに数日かかっていたサイトが、Fetch as Googleを使うことで数時間~1日でインデックスされたので、それなりの効果はありそうです。

Fetch as Googleの使い方

Googleウェブマスターツールにログインし、「健全性」の「Fetch as Google」を選択します。

 

 インデックスさせたいページのURLを入力し「取得」をクリックします。

チェックしたURLが「成功しました」と表示されれば、クローラーが問題なくそのページにアクセスできている状態です。「ページにアクセス出来ません」というエラーになった場合は、何かしらの問題が発生している可能性があります。何の問題も無い場合には、時間を空けて試すと上手く行く場合があります。

「インデックスに送信」をクリックすると、そのページをGoogleにインデックスしてもらうようにお願いすることができます。あくまでお願いですので、すぐにインデックスされるかはわかりません。

このような文章が表示されれば、インデックス送信は完了しています。

URL欄には「インデックスに送信されたURL」と表示されているはずです。

送信後に「リクエストの処理中にエラーが発生しました。」と表示された場合には、再度挑戦してみましょう。

Googleボットが見ているページを確認

Fetch as Googleでは、送信したページをGoogleボットがどのように見ているのかという事を確認することができます。

URLの横にある「成功しました」をクリックしてみましょう。

こんな感じで、Googleボットの目線になってサイトを見ることができます。この画面で文字化けしている場合には、Googleボットも文字化けしたページを見ていると言えますので、文字コードなどを確認しておきましょう。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーでは無料SSLが利用できます。Googleはhttpsのサイトを評価する傾向があり、今後はSSL化が必須になってくるでしょう。無料SSLは簡単に導入できるのでとても助かっています。

エックスサーバーの公式サイトへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ