Web初心者がレンタルサーバーを選ぶ時のポイント

当サイトでは色々なレンタルサーバーを紹介していますが、初めてWebサイトを持つような初心者の方の場合、何を基準にサーバーを選べば良いのか迷ってしまうかもしれません。

今の時代、どのサーバーにしても失敗することは無いと思いますが、選ぶ時のポイントを簡単にご紹介します。

考えること 確認項目
優先すべき事項を決める 料金、スペック、容量、MySQLの数など
サイト(ドメイン)はいくつ作るのか マルチドメインに対応しているのか
ドメインはいくつまで設定可能なのか
CMSなどを利用するか WordPressは使えるのか
Movable Typeは使えるのか
その他利用予定のCMSなどは使える要件を備えているのか
アクセス数はどれくらいになりそうか 転送量は十分なのか
サポートは必要か メールサポートはあるのか
電話サポートはあるのか
アダルトサイトなのか アダルトがOKなサーバーなのか

基本的に激安料金でスペックが高いサーバーはありませんので、まずは自分の中で何を優先するのかを決めます。HTMLサイトでPHPやMySQLが必要なく、とにかく安い料金が良いということであれば、100円以下のサーバーもあります。

複数のサイト(ドメイン)を使うということであればマルチドメインに対応していなければなりません。最近のサーバーの多くはマルチドメインに対応していますが、設定可能ドメイン数はサーバーによって異なります。

CMSなどのシステムを利用するのであれば、そのシステムを利用するための要件を備えているのかのチェックも必要です。WordPressやMovable Typeと言った一般的なCMSであれば、どのサーバーでも使えますが、激安レンタルサーバーの場合、PHPやMySQLが使用不可になっている可能性もあります。

アクセス数が多くなりそうな場合、転送量を気にしておかなければなりません。

格安レンタルサーバーの場合、電話サポートが付いていないのが一般的です。メールサポートについては多くのサーバーで付いていますが、電話サポートはついてない事のほうが多いです。

アダルトサイトについては、どのサーバーもNGとなっています。これは、無修正などの違法性がある画像や動画を公開するわけではなく、合法なアダルトサイトについても、基本的にはどのサーバーも規約で禁止しています。

ただ、全てのサーバーが禁止しているわけではなく、国内サーバーとしては、カゴヤ・ジャパンやキューブサーバー、FC2などがあり、海外サーバーとしては80codeが有名です。ただ、アダルト可のレンタルサーバーは料金が高くなっています。

以上の事を踏まえ、以下のサーバーをオススメします。

⇒料金の安さで選ぶ
⇒コストパフォーマンスで選ぶ
⇒スペックの高さで選ぶ
⇒法人・ビジネス向けから選ぶ
⇒アダルトOKから選ぶ

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーでは無料SSLが利用できます。Googleはhttpsのサイトを評価する傾向があり、今後はSSL化が必須になってくるでしょう。無料SSLは簡単に導入できるのでとても助かっています。

エックスサーバーの公式サイトへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ