ロリポップのアクセスログの見方・確認方法

アクセス解析はGoogleアナリティクスやその他の無料アクセス解析を使っている人が多いと思いますが、レンタルサーバーもログ解析ツールを提供しています。

サイトに設置するアクセス解析の場合、たとえばその解析コードが読み込まれる前に、ユーザーが離脱してしまった場合には、数値として上がって来ませんが、サーバーに設置してある解析の場合は、全ての訪問が記録されます。

また、生ログでは、通常の解析ソフトでは見られない訪問者の情報を見ることができます。

ロリポップのアクセスログ

現在、私はエックスサーバーとロリポップのロリポッププランをメインに使っているので、ロリポップのアクセスログの見方を解説します。ロリポプランでもやり方は同じです。

ユーザー専用ページにログインし、アクセスログをクリックし、確認したいサイトのアクセスログページを選択します。

次に、レポートに表示する項目にチェックを入れて解析する期間を選択します。項目は適当にチェックしてください。項目を多くするとレポートを表示するまでに時間がかかります。期間を指定したらアクセス解析ボタンをクリックします。

  

こんな感じでデータを確認することができます。画像が多いサイトなのでリクエスト数がかなり多くなっています。

生ログ

生ログはアクセスログページのトップの下にダウンロードボタンがあります。

ダウンロードしたファイルは圧縮されていますので、Lhaplusなどの解凍ソフトで解凍してください。

解凍したファイルはテキストエディタやエクセルなどで見ることができます。メモ帳で開くとデータ量が多い場合に、めちゃくちゃ時間がかかりますので、エクセルやサクラエディタなどで見るのが良いと思います。

初めて見た人は、何が書いてあるかさっぱりわからないと思いますが、訪問者のIPアドレスや訪問日時、訪問したページや参照元サイト、検索クエリ、ブラウザ情報などが記録されています。SEOをやっているとGoogleのクローラーの訪問を確認したい時に使ったりします。

»生ログの見方 - 検索エンジンのクローラーの訪問をチェック

ページ表示速度アップのSEO効果測定

Googleはページの表示速度をランキングを決める要素に取り入れていますが、ページ表示速度を早くしたことによるアクセスアップ効果をアクセス解析で見たい場合には、サーバーのログで確認した方が良いと思います。

サ イトに設置した解析の場合、ページ表示速度がアップしたことで、今まではコードが読み込まれる前に離脱していたユーザーが含まれるようになる可能性があり ます。重かったサイトを軽くした場合、Googleの評価が上がったことによるアクセスアップと勘違いしてしまいます。

サーバーのログであれば、全ての訪問データが確認できますので、ページ表示速度向上前後の検索トラフィックを比較することができます。

ただ、表示速度を上げたことによるSEO効果を、数値で確認できるほど大きなものにはならないでしょう。検索順位は常に変動していますし、表示速度を少し上げたぐらいでは評価も変わらないと思います。



管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーでは無料SSLが利用できます。Googleはhttpsのサイトを評価する傾向があり、今後はSSL化が必須になってくるでしょう。無料SSLは簡単に導入できるのでとても助かっています。

エックスサーバーの公式サイトへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ