個人サイトや個人ブログは始めからクオリティを上げない

今までに、企業サイト、ビジネスブログ、ネットショップ、アフィリエイトサイト、個人サイトなど色々なサイトを作ってきましたが、企業サイトやネットショップを除き、サイトを公開した時点で完璧に仕上げておく必要はないと思っています。

特にアフィリエイトサイトや、個人サイトは作りながらクオリティを上げていく方が、無駄な時間や労力をかけずに済むのでオススメです。中身を作る前にデザインをしっかり仕上げてしまう人も多いのですが、誰も見ていないきれいなサイトは宝の持ち腐れです。

個人サイトの作成手順

  1. テンプレートを使いロゴ部分だけオリジナルにする
  2. とにかく記事を書きまくる
  3. アクセスが増えてきたらデザインを修正する
  4. とにかく記事を書きまくる
  5. さらにアクセスが増えたらオリジナルデザインにする

私は、基本的にこのようなやり方でサイトを作っています。最近は始めからがっつりデザインを作り込むこともあるのですが、がっつり作って全くアクセス数が増えない場合のダメージはかなり大きいです。

結局ユーザーは、デザインが良いからそのサイトに来るわけではなく、自分の悩みを解決するための情報を求めているわけですから、あまりにひどいデザインでなければOKだと思います。テンプレートを使用すればひどいデザインになる事はありませんので、初心者の方はまずはテンプレートからスタートするのが良いと思います。

その後は、とにかく記事を書きまくります。検索エンジン経由のアクセスを増やすためには、ある程度の記事数がないと話になりません。最低でも100記事ぐらいは欲しいですね。100記事も書いていればアクセス数も増えてくるでしょうから、そうなったらテンプレートを修正してオリジナリティを出していきます。

それでもヘッダーのデザインを中心に、「このサイトはこのデザイン」という事がわかる程度の修正で良いと思います。デザイン初心者がデザインを作り込むとどんどん変な方向へ行ってしまいますからね。

サイト名やデザインなどで、自分のサイトがユーザーに認知されるようになったら、さらに記事を書きまくります。最低300記事ぐらいは欲しいですね。1~2年かかるかもしれませんが、この期間は質の良い記事を書くことに集中したい所です。300記事も書いていれば何かが変わってくるはずです。

この時点で、サイトからの収入が発生しているようであれば、思い切ってプロにオリジナルデザインの作成を依頼しても良いかもしれません。ホームページ制作会社に依頼すると数十万円かかってしまう可能性がありますので、個人事業やフリーランスのデザイナーさんがオススメです。

個人サイトでそこまでやる必要があるの?と思う人も多いと思いますが、サイトからの収益ということを考えているのであれば、ある程度の投資は必要です。個人ブログでもアドセンスやアフィリエイト、純広告などで月数万円を稼ぐことは難しくありません。得た収入を投資に回すことで良い循環が生まれます。

もちろん、Webの知識がある人であれば全て自分でやってしまっても良いと思います。ただ、とにかく重要なことは、始めから作りこまないという事です。力を入れる優先順位を決めて、今このサイトにとって重要なこと、必要なことは何なのかという事を考えながら進めていきたいですね。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2012年4月23日

サブコンテンツ

このページの先頭へ