アクセス解析のアクセス数とサーバーの転送量の関係

レンタルサーバーやプランごとに転送量の上限が決められています。中には無制限となっている所もあるのですが、格安レンタルサーバーにおける無制限とは、単に数値を公表していないということで無制限扱いになっていて、実際には上限があるケースも珍しくありません。

現在、私のメインサイトのサーバーとしては、エックスサーバーとさくらのレンタルサーバを使っているのですが、どちらもコントロールパネルから転送量が確認できるので、Googleアナリティクスで確認できるサイトのアクセス数と転送量の関係をまとめておきたいと思います。

ちなみに転送量の調べ方は、エックスサーバーについては、「エックスサーバーの転送量を調べる方法」をご覧下さい。さくらのレンタルサーバは、「コントロールパネル ⇒ アクセスログの設定 ⇒ アクセス解析」で確認することができます。

アクセス数と転送量比較

アフィリエイト野郎

Googleアナリティクス:59,553PV
サーバのアクセス解析:103,962PV
転送量:21G

サーバのアクセス数がGAの1.7倍となっています。1PVあたり約200Kです。

パシのSEOブログ

Googleアナリティクス:81,746PV
サーバのアクセス解析:265,779PV
転送量:37G

サーバのアクセス数がGAの3.2倍弱となっています。1PVあたり約140Kです。

レンサバネット

Googleアナリティクス:28,576PV
サーバのアクセス解析:78,381PV
転送量:15G

サーバのアクセス数がGAの2.7倍となっています。1PVあたり190Kです。

エックスサーバーFAVO

Googleアナリティクス:3,742PV
サーバのアクセス解析:10,501PV
転送量:1.7G

サーバのアクセス数がGAの2.8倍となっています。1PVあたり160Kです。

SEOテンプレート比較・無料SEO対策のススメ

Googleアナリティクス:173,528PV
サーバのアクセス解析:491,160PV
転送量:87G

サーバのアクセス数がGAの2.8倍となっています。1PVあたり177Kです。

さくらのレンタルサーバはドメインごとの転送量が確認できませんでしたのでサーバー全体の転送量ということになります。現在このサーバでは2つのサイトを運営していますので、GAのデータも合算したものとなっています。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2012年3月19日

サブコンテンツ

このページの先頭へ