エックスサーバーがPHP高速化設定(FastCGI化)の機能追加

当サイトでも利用しているエックスサーバーが、この度CGI/PHPの負荷軽減、高速実行が可能となる「FastCGI」と「PHP高速化設定(FastCGI化)」という機能を追加しました。

CGIは問い合わせフォームぐらいでしか利用していないのと、処理が遅いと感じたことが無いので良いのですが、PHPの方はWordPressで利用しているので気になる所です。

PHP高速化設定(FastCGI化)

FastCGIとは、プログラム実行時に必要な「プロセスの起動/終了」の処理を、初回実行時に保持し、2回目以降の実行時には、該当の処理を省略することでCPU負荷の軽減を行う仕組みのことです。

PHPへのWebアクセスごとに行っていた「プロセスの起動/終了」の処理が省略されるため、アクセス数が多いほどCPUの負荷軽減に大きな効果が期待できます。 アクセス数が多いサイトなどでは本設定を有効にすることが強く推奨されます。

※アクセスの少ないサイトの場合、無駄なプロセスが発生し、逆に負荷がかかってしまう場合がありますので、ご注意ください。

なんとなく仕組みはわかりましたが、気になるのはアクセス数が多いサイトで効果を発揮して、逆にアクセス数の少ないサイトでは負荷がかかってしまう可能性があるという部分ですね。明確な数値を出すことは難しいと思いますが、アクセス数がいくつ以上の時に高速化が期待できるのかということを問い合わせてみることにしました。

先日、さくらのレンタルサーバがMySQLの増強を行い、サイトの高速化が実現できましたが、メインで使っているエックスサーバーもサイトの高速化の為に頑張ってもらいたい所です。

高速化というのはレンタルサーバー側の問題と言うよりもサイト側の問題の方が大きいと思いますが、根本的な部分はやはりサーバー側にありますので、そちらを早くしてい頂くことで、お手軽に高速化できるのは有難いですね。

【追記】
早速エックスサーバーよりアクセス数に関する回答メールが届いたので掲載しておきます。

どれほどのアクセスによってFastCGIが効果的か、とのご質問ですが具体的な回答は困難でございます。

お使いのプログラムの内容、動作頻度、該当プログラムが参照するデータ量等、色々な要素がございます。

そのため実際に設定をお試しいただき動作状況をご確認いただく他、明確な回答はいたしかねますことをご理解いただきたく存じます。

そりゃそうですよね。

【さらに追記】
TwitterでFastCGIに関する情報を頂いたので共有させて頂きます。

原因は良く分からないのですが、私のサイトでも同じ状況になりました。

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年10月25日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:パシのレンサバブログ

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ