大手レンタルサーバー会社を比較

今回はレンタルサーバーに関する記事と言うかレンタルサーバー業界に関する記事になるのですが、レンタルサーバー事業は新規参入が難しいのか、新たなホスティング会社の参入をあまり見かけません。個人運営のような無料のレンタルサーバーは、知らぬ間に増えていると思いますが、大手企業が参入してきたという話は聞きません。

料金も安いですし既に飽和状態で、参入するメリットがないと言えるのかもしれませんが、このままではGMOグループの一人勝ち状態になりかねません・・・先日Twitterで、「日本のドメイン登録事業者の中で、登録されるドメインのうち7割をGMOが扱っている」というようなツイートがありました。

営業トークなような気もしますが、ドメイン関係に詳しい中古ドメイン販売屋さんが、妥当な線と仰っていたので、妥当な所なのでしょう。ちなみに、GMOのドメイン事業としては、ムームードメインやお名前ドットコム、バリュードメインがあります。ムームードメインは最も有名なドメイン事業者ですので、登録数も相当なものだと思います。

何を持って大手レンタルサーバー会社というのかは難しいのですが、当サイトで扱っているサーバーを中心に、複数のサーバー会社を運営している大手っぽい企業を取り上げてみます。

GMOインターネット

GMOクラウド&GMOインターネット

paperboy&co.

GMOクラウドはGMOグループのホスティング事業を行なっている会社です。以前は、GMOホスティング&セキュリティという社名でした。paperboy&co.も上場企業なのですが、GMOが親会社となっています。

それにしても凄まじい数ですね。GMOインターネット本体とGMOクラウド、paperboy&co.それぞれが異なるサーバー事業を行なっていますので、全て網羅できていない気がしますが、業界で最も多くのレンタルサーバーを抱えていることは間違いないでしょう。

GMOグループは資金が潤沢にありますので、ドメイン登録事業者屋やレンタルサーバー屋を吸収したり、子会社化したりしています。ロリポップがロリポップに吸収されるなど、逆に統合される流れも見られますが、今後も数は増えていくのかも知れません。

エックスサーバー株式会社

エックスサーバーX2シックスコアと有名なレンタルサーバーが3つありますので、エックスサーバー株式会社も十分大手と言えると思いますが、GMOと比較してあまりにかわいそうだったので、オンラインストレージサービスのドライビーも入れておきました。

ネットオウル

エックスサーバー株式会社と共に頑張っているのがファイアバードミニバードクローバーで有名なネットオウルです。最近、ウェブクロウという無料レンタルサーバーサービスを開始しました。スタードメインはドメイン登録事業ですが、2011年5月にネットオウルがICANN認定レジストラになりました。

スタードメインは利用者にスターサーバーという無料レンタルサーバーを提供しています。ドメイン事業とサーバー事業のシナジー効果で、今後さらなる発展が期待される会社です。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーでは無料SSLが利用できます。Googleはhttpsのサイトを評価する傾向があり、今後はSSL化が必須になってくるでしょう。無料SSLは簡単に導入できるのでとても助かっています。

エックスサーバーの公式サイトへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ