ストリーミング動画対応のレンタルサーバー

ストリーミングとは、音声や動画ファイルをダウンロードしながら再生をすることで、ファイルダウンロード後に再生される場合と比べ、待ち時間が大幅に短縮されます。ただ、視聴側の回線速度が遅かったり、ファイルをアップしている側の回線がショボイと途中で何度も止まってしまい逆にストレスを感じてしまうかもしれません。

視聴側の回線速度は、人それぞれの環境ですのでどうしようもないのですが、最近では光回線が当たり前になっていますので、問題になってくるのはやはり発信側の方だと思います。一般的なレンタルサーバーよりも料金は高くなってしまうのですが、ストリーミングに対応したレンタルサーバーもありますのでご紹介いたします。ストリーミングサーバーの場合、相手の回線速度に合わせて配信速度を調整することも可能です。

ストリーミングサーバー

使い心地の方は分からないのですが、有名な会社はこんな所でしょうか。一般的なWebサーバーではストリーミング配信できないの?ということに関しては、以下のページが参考になると思います。

ストリーミングサーバーとwebサーバーの違い

通常のwebサーバーとストリーミングサーバーの大きな違いは、「時間軸」の制御が可能であるかどうか、そのコンテンツファイルに最適な通信速度を選択できるか、コンテンツファイルを容易にダウンロードできるかどうかです。

Webサーバーで動画配信することは可能ですが、視聴ユーザーの回線によって個別に対応できないという事や、同時にコンテンツを見られるユーザー数が少数に限られてしまうというデメリットがあります。

また、Webサーバーで動画配信する場合、ユーザーのパソコンに動画ファイルが保存される形になりますので、ファイルの再配布や改竄される危険性があります。個人サイトであれば特に問題はおきないのかもしれませんが、企業サイトの場合はやはりストリーミングサーバーが良いでしょう。

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーでは無料SSLが利用できます。Googleはhttpsのサイトを評価する傾向があり、今後はSSL化が必須になってくるでしょう。無料SSLは簡単に導入できるのでとても助かっています。

エックスサーバーの公式サイトへ

サブコンテンツ

このページの先頭へ