不動産屋のサイトをいい生活へサーバー移転させたが・・・

先日、不動産屋でWebサイトを管理を行っている友人が、自社サイトを高額なレンタルサーバーからいい生活へ移転する事になりました。移転の理由は現在のサーバーの料金が高いという事もありますが、一昔前のデザインである今のサイトを簡単に最新のデザインにできるという事が大きかったようです。

不動産屋サイトは大量の物件情報を載せる必要が出てきますので、システムを組むのが一般的です。自社サイトにシステムを組み込む形で構築している不動産会社も多いと思いますが、最近は、レンタルサーバーやシステムごと借りてしまうケースも増えています。

アットホームやSUUMO(スーモ)が有名ですが、友人の会社では以前からいい生活のシステムを利用していたとの事で、物件データの移行が発生しないのと、他の媒体に簡単に物件情報が載せられるという理由でいい生活に移転する事を決めたようです。

いい生活はPV課金があり、月に1万PVを超えると別料金がかかってきます。これが1万PVごとに発生しますので、アクセス数が多いサイトの場合は厳しいのですが、担当者と交渉して3万PVまでは基本料金にしてもらえたようです。

それでも本気でSEO対策などをすれば月3万PVは難しくないので、今後大幅に超えてしまうような事態になった場合に問題になりそうですね。いい生活は物件ページのインデックスが早くロングテールキーワードでのアクセスアップ効果を謳っているようですが、アクセス数が増えるとバンバン料金が上がっていくというのは悩ましい所です。

サーバー容量が小さく、作るページによっては別料金が必要になるなど、他の問題もあるようですが、とりあえず移転してみるとの話でした。ドメインは今のままなのですが、今のホスティング会社がドメイン管理業のみを行っていないので、ドメイン移管が必要になります。

レンタルサーバーはメールだけ利用する形なので、容量や機能、スペックは必要なく、どこのドメイン管理業者でも良いと思ったのですが、co.jpドメインなのでムームードメインは利用できません。

担当者にお名前.comを勧められたとの事で、少し高めなのですが何かトラブルが発生した際に聞きやすいという理由から、お名前のレンタルサーバーを借りたようです。

ドメイン移管を行う前にサイトを公開してしまった・・・

サイトがまるっきり変わりますし、物件情報の再入力などの作業が発生しなかったので、レンタルサーバー移転の作業はすんなり終わったようですが、ドメイン移管で少し戸惑ってしまったようです。

ドメイン移管は経験しないと分からない事も多いですし、そもそもWebサイト管理を専門的に行っているわけではなく、普通にお客様対応やデスクワークをしつつ、サイト管理を行っている状態なので、色々と大変そうでした。

ドメイン移管は、申請すればそのまま勝手に移管作業が行われるわけではなく、途中に確認メールなどを処理しなければ先に進みませんので、それを見逃してしまうと移管作業が途中でストップしてしまいます。

ドメイン移管前のサーバー移転が済んだ状態でサイトを見せてもらったのですが、今までのサイトとは比べ物にならないほどキレイなデザインになっていました。テンプレートですので、いい生活を使っている他の不動産屋とデザインレイアウトが被ってしまう可能性はありますが、前よりは全然良い印象を受けました。

ただ、一点SEOの面で問題がありました。ドメイン移管前なので、いい生活のサブドメインでサイトを公開している状態だったのですが、検索エンジンにページをインデックスさせない為のnoindexの処理をしていなかった為、私が見た時点ですでに2,000ページがインデックスされていました。

これが、ドメイン移管を行うといい生活のサブドメインの部分が独自ドメインに変わるのですが、問題はサブドメインが検索結果に表示される事にあります。移管後でもサブドメインでアクセスできる状態であれば機会損失はないのですが、検索エンジンに重複コンテンツ(コピーページ)と取られてしまう可能性があります。

担当者には何も言われなかったとの事で、なぜ今まで疑問に思う人がいなかったのか不思議ですが、SEO対策に詳しい不動産屋がいなかったのでしょうか。

その後サイトを非公開にしたようですが、いまでも2,000ページのインデックスは残ったままです。独自ドメインがそれなりに被リンクを受けていますので、ドメイン移管すれば徐々に書き換わっていき大きな問題はないと思いますが、ロングテールによるSEO対策を推しているのであれば、もう少し気をつけて欲しいものですね。

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年9月21日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:パシのレンサバブログ

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ