エックスサーバーとさくらのレンタルサーバのスペック比較

レンタルサーバーはそれぞれにOSやCPU、メモリなどが異なっています。ホスティング会社やプランによっても違ってくるものですが、今メインで使っているエックスサーバーさくらのレンタルサーバのサーバー情報を確認してみました。

見た所で別に何かあるわけではないのですが、アクセスが集中した際の処理速度などに影響が出る部分ですので、気になる方は見てみるのも面白いと思います。ただ、通常は契約前のどのサーバーが良いのかを選ぶ段階で確認しておくべき事ですよね。

サーバー情報を見てみよう

エックスサーバー(X10)

OS Linux
CPU Xeon E5-2430L ( 2.00GHz )
メモリー 16GB
Apache 2.2.3
Perl 5.8.8
PHP 5.1.6、5.2.17、5.3.3
MySQL 5.0.95
ネームサーバー1 ns1.xserver.jp
ネームサーバー2 ns2.xserver.jp
ネームサーバー3 ns3.xserver.jp
ネームサーバー4 ns4.xserver.jp
ネームサーバー5 ns5.xserver.jp

2013/1現在

さくらのレンタルサーバ(スタンダード)

OSバージョン FreeBSD 7.1-RELEASE-p15 i386
CPU Intel(R) Core(TM)2 CPU T7200 @ 2.00GHz
メモリー 2GB
Apache Apache/1.3.42 (Unix) mod_ssl/2.8.31 OpenSSL/0.9.8e
Perl 5.8.9
PHP 4.4.9/5.2.17/5.3.8
MySQL 5.5
Ruby 1.8.7
Python 2.6.2
nkf 2.0.7
sendmail 8.14.3
unzip 5.52
gcc 4.2.1
lynx 2.8.7dev.9 (27 Apr 2008)
ネームサーバ1 ns1.dns.ne.jp
ネームサーバ2 ns2.dns.ne.jp

2013/1現在
メモリ容量は契約した時によって変わるようです。私は2Gでした。

OSやCPUはどちらが優れているのかわからないのですが、メモリーがさくらのレンタルサーバと比較するとエックスサーバーがかなり大きい容量になっていますね。

さくらのレンタルサーバにWordPressサイトを4つか5つ構築した際にメモリエラーが多発した記憶があるのですが、この点についてはエックスサーバーの方が安心と言えるのかもしれません。

当サイトではエックスサーバーを利用していますが、安定感抜群です。それなりのアクセス数のWordPressサイトを10サイト以上運営していますが、特にトラブルやエラーは発生していません。

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年8月26日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:パシのレンサバブログ

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ