信頼できるレンタルサーバー『さくらのレンタルサーバ』

レンタルサーバーはどこも安くて大容量の時代になっていますので、基本的にはどのサーバーを選んでも問題はありません。ただ、作るサイトの規模によってはスペックや転送量などをしっかり把握しておかないと、後々サーバー移転が必要になるかもしれません。

HTMLサイトであればサーバー移転も難しくないのですが、複雑なシステムを組んでいる場合はそういうわけには行きません。複雑なシステムを組んでいるのにサーバーの知識が無いというケースもあまり無いと思いますが、WordPressサイトでも移転でトラブルが発生するケースも少なくないですので、ある程度は将来的なサイトの規模を考えて契約したいものです。

サーバーを選ぶ際のポイントはいくつかありますが、料金と容量よりも安定感やバックボーンの方が重要な気がします。最も気になる部分が料金と容量だと思いますが、安くても安定感が無ければだめですし、今のサーバ事情ではあまり容量を気にする必要は無いと思います。

安定感抜群のさくらのレンタルサーバ

安定感や信頼度の面でよく名前が上がるのが、さくらのレンタルサーバです。

有名ですし上場会社でもあるので、知ってる人も多いと思います。私自身も使っていますが、今までに一度もダウンしたことがありません。そこまで大量のアクセスを集めた事がないのも落ちない原因かもしれませんが、月額料金が500円(スタンダードプラン)と安い割には、安定感があるレンタルサーバーだと思います。

色々なWebサービスを作っているロプロスさんも、以前さくらのレンタルサーバを勧めていました。

ロプロスさんクラスのサイトを作る事はまず不可能なので、一般的なサイトであればスタンダードで十分という事ですね。容量が10GでMySQLが1つまでなので、決してスペックが高いとは言えないのですが、それでも10Gを使い切ることはほとんど無いと思いますし、MySQL1つでもWordPressであれば3つぐらいなら余裕ですよね。(2011年10月にMySQLが20個になっています。)

ちなみにロプロスさんが運営しているWebサービスは、TwilogsoKKuri?プロ野球データFreakSEOチェキ!Komepon!ロプログなどがあります。

主要サービスのアクセス数は毎月Twitterで公開されています。

それにしてもどのサイトも凄まじいPVですね。どのサービスが専用なのかVPSなのか共用なのかはわかりませんが、共用でも結構大丈夫そうな印象です。

ちなみに当サイトのPVは月1.3万ぐらいです。正直、このクラスなら、どのレンタルサーバーを使っても良いと思いますが、アクセス数が多くなればなるほどサーバーの事を考えなければなりませんね。

ちなみに当サイトはエックスサーバーを使っています。今の所、当サイトとSEO対策のウェブネットや、パシのSEOブログアフィリエイト野郎など、合計7サイトで使用していますが、どれも月10万PV以下という事で、全く支障なく利用することが出来ています。

個人的にはコストパフォーマンスの面で考えると、さくらのレンタルサーバよりもファイアバードがお勧めですが、信頼度や安定性という事で考えるとさくらが無難なのかもしれませんね。

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年8月15日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:パシのレンサバブログ

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ