エイブルネットからエックスサーバーへの引越し

パシのSEOブログは、エイブルネットというレンタルサーバーを使っていたのですが、このたびエックスサーバー(ムームードメイン)に引っ越しましたので、その手順を備忘録としてまとめておきます。

移転した理由は、コスト的な事もありますが、大きかったのはエイブルネットのコントロールパネルの使いづらさです。エイブルネットはサポート体制が超が付くほど良いのですが、いかんせんコントロールパネルが使いづらかったですね。

ドメイン移管+サーバー移転時の注意点

移転作業の説明に入る前に、今回やってみて感じた注意点をまとめておきます。

  • 分からない場合は作業を勝手に進めずにホスティング会社に確認する
  • ネームサーバーを変更する前に$TTLとSOAレコードのRefresh値を短くしておく
  • 新旧サーバで使用するシステムやデザインが変わる場合は、DNSが浸透するまでの間は新しいページをアップしない

今回は、新旧サーバーでWordPressのバージョンやデザインが変わった事で、新しく公開する記事のURLがそれぞれ違う事となりました。同じ記事を両サーバーで公開しておけば、特に問題は無いのですが、それぞれの記事が異なるURLになる場合は要注意です。

また、RSSフィードの吐き出しがおかしくなったり、リダイレクト設定が上手く機能しないという事もありましたので、ネームサーバーを変更してから48時間は何もせずに様子を見るのが良いと思います。

サーバー移転

  1. エイブルネットのサーバーにアップしていたファイルをダウンロード
  2. エックスサーバーにファイルをアップロード
  3. PHPのバージョンをアップデート
  4. MySQLデータベースのエクスポートとインポート
  5. hostsファイルの書き換え
  6. 動作確認

今回は、WordPressME2.0というかなり古いバージョンのデータを現行バージョンのWordPress3.2で利用できる状態にしてエクスポートする必要がありました。始めに、自分でやってみたのですが、文字化けしたり、インポートが上手くいかずに、プロの方に任せる事になりました。

詳しくは、パシブログのデザインリニューアルをしましたをご覧ください。

ドメイン移管申請からネームサーバ設定までの流れ

  1. (whois情報の登録メールアドレスの変更)
  2. エイブルネットに解約申請書をFAX
  3. エイブルネットからドメインロック解除+Authcode(認証鍵)の発行メール
  4. ムームードメインにドメイン移管申請
  5. ムームードメインからトランスファー承認手続きのお願いメール
  6. メールに記載されたURLから移管の承認作業
  7. Network Solutionsから移管の確認メール
    (これは無視してOKです。私は英文の内容が分からずにURLをクリックしてsubmitしてしまいました。)
  8. Network Solutionsから移管の承認メール
  9. ムームードメインから移管費用のご請求案内メール
  10. 料金の支払い
  11. ネームサーバー設定
  12. DNS浸透期間

移管に関わるドメイン登録業者から送られてくるメールは、基本的にwhois情報に登録されたメール宛に届きますので、whoisのメールアドレスが現在利用していない物の場合は、現在のドメイン登録業者に変更申請を行いましょう。エイブルネットの場合、この作業は数十分で終わりました。

ちなみに、エイブルネットのドメイン管理は、Network Solutionsが行っていました。移管申請するまで知りませんでした・・・

1~4までは数時間のうちに行われ、5~6までに5日間ほどかかりました。そしてDNSが浸透するまでに最大で2日ほどかかりますので、トータルでは1週間ほどの作業となります。

エイブルネットはドメインのみの管理を行っていませんので、他社レンタルサーバーを使う場合には、強制的にドメイン移管作業が必要となります。(エイブルネット以外のドメイン事業者を利用している場合はこの限りではありません。)

個人的にドメイン移管作業が超久しぶりだったので、手順を完全に忘れており、少し戸惑った部分もありましたが、なんとか無事終わらせる事が出来ました。

申請途中のドメイン登録業者から送られてくるメールや、ホスティング会社とのやり取りを以下に載せておきます。今回は手順6番目の旧ドメイン会社からの確認メールに惑わされる結果となりましたが、6をスルーする事が出来れば特に難しい事は無いと思います。

申請中に届くメール内容

【ドメインロック解除】

< 他社への移転に必要な情報 >

・ ドメインの状態       : 本日、ロック解除済み
・ Authcode(認証鍵)     : ********
・ adminのメールアドレス: ****@***.co.jp

※Authcode(認証鍵)は移管先の業者様にお伝え下さい。
※admin(ドメイン管理者)のメールアドレスは
移管手続の際に移管先の承認メールを受け取るのに必要です。
変更をご希望の場合は、直接ABLENETサポートまでご依頼下さい。
(adminの登録情報はコントロールパネルからは変更できませんのでご注意下さい)

このメールが来ないと新ドメイン事業者に移管申請を行う事が出来ません。

【トランスファー承認手続きのお願い】

ムームードメインは、2011/07/27 に 202 karumiya 3-12-3 Kagiyama 様より、
下記ドメイン名のトランスファー申請を受け付けました。

ドメイン名:jweb-seo.com

本トランスファーを続行希望の場合には、下記方法にてお手続き下さい。
2011/08/01 15:50 までにお手続きが行われない場合、トランスファーが行われ
ませんのでご注意下さい。

1.下記URLへアクセスしてください。
http://transfer-domain.jp/approve/*****
2.ドメイン名をご確認の上、トランスファーを承認する場合は「承認する」、
拒否する場合は「拒否する」ボタンをクリックしてください。
3.確認画面が表示されますので内容を確認し、間違いなければ「完了」をク
リックしてください。

※本メールは、WHOISデーターベース上の登録者または管理担当者に送信され
ております。

※トランスファー承認後は、現レジストラがトランスファー申請を拒否しな
い限り5暦日以内にトランスファーが行われます。

※トランスファーが行われますと、それから60日間は他のレジストラへのト
ランスファーを行うことが出来ません(トランスファー完了前・後のレジ
ストラ双方の合意の基に行われる前レジストラへのトランスファー、もし
くは紛争処理における裁定の結果の場合は除く)。

この承認作業を行わない限り、移管申請は先に進みません。

【Network Solutionsから移管確認】

Network Solutions, LLC received notification on July 27th, 2011 3:50:24 A.M. EDT that you have requested a transfer to another domain name registrar.  If you want to proceed with this transfer, you do not need to respond to this message.  If you wish to cancel the transfer, please contact us before July 31st, 2011 3:50:24 A.M. EDT by visiting our secure website https://www.registrar-transfers.com*****

If we do not hear from you by July 31st, 2011 3:50:24 A.M. EDT, the transfer will proceed.

Sincerely,

Network Solutions(R) Customer Support

これが問題の手順6で送られてきたメールです。何のメールか分からなかったのですが、思わずURLをクリックしてsubmitしてしまいました。エイブルネットのドメイン管理をNetwork Solutionsが行っている事すら知りませんでした。後ほどエイブルネットにメール内容の確認を行った所、文章を翻訳して頂く事が出来ました。

確認致しましたところ、移管を行っても問題ないか確認する内容となっており、「移管をキャンセルしたい場合は、期限までにURLよりキャンセルを行って下さい」といった内容のメールとなります。

移管をご希望の場合は、メールでの作業を行わなければ、記載の期限(下記メールの場合、2011/7/31)に移管が完了するかと存じます。

移管申請を拒否したい場合はURLをクリックしてキャンセルしてくれとのメールだったという事ですね。拒否しない場合は何もしなくて良いという事です。submitする前に確認しろという事ですねorz

ただ、その後ムームードメインに確認した所、移管作業は進行しているとのメールを貰いました。

お問い合わせ頂きました【jweb-seo.com】につきましては、現在移管申請中の「7」の段階である事を確認いたしました。

この場合ですと、弊社側で必要な手続き(承認メールへの承認手続き)は完了しており、現在の業者様より弊社へドメインの管理が変更されている状態となります。

現在の状況といたしましては、ムームードメインでの作業領域ではない為に
明確な完了日時は分からない状態ですが、もうしばらくお待ちいただきましたら
移管作業が完了いたしますのでご安心くださいませ。

だとすると、あの英文メールへのsubmitは何だったのかと逆に不安になってしまいますが、作業が進んでいるならそれで良いと納得する事にしました。

Your domain name registration transfer request has been approved for:

Domain Name: JWEB-SEO.COM
Requesting Registrar: Global Media Online, Inc
Current Registrar:  Network Solutions, LLC.

Sincerely,

Network Solutions(R) Customer Support

承認が下りる7/31に再びNetwork Solutionsからメールが来ました。オンライン翻訳をしてみた所、「あなたのドメイン名登録転送要求は以下のために承認されました。」という事でしたので、承認拒否をしていなかったという事になりますね。

本日、ドメインの移管が完了致しましたのでご報告致します。移管が正常に完了しているかコントロールパネルよりご確認くださいませ。

◎入金締切日を過ぎた場合
入金締切日(2011/08/10)を過ぎても入金の確認が出来なかった場合、ドメインがロックされ、ホームページが表示されなくなります。入金確認が出来ましたらロックを解除しますので、至急ご入金くださいませ。

以上で、ドメイン移管が完了となります。

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年8月3日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:パシのレンサバブログ

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ