被リンクの為に中国のレンタルサーバーを使っているSEO業者

SEOは被リンクが命です。パンダアップデートの登場によりサイトのコンテンツ力が求められる時代になっていますが、それでもやはり単純にサイト評価をあげたいという場合には被リンクが必要になります。

ちなみに、まだ日本にはパンダアップデートが導入されていません。テストが行われているという声や一部は導入済みという声が多いですが、真相はGoogleにしかわかりません。世界的に見ると現時点では日本と韓国と中国のみパンダアップデートが導入されていない状態です。

そのうちパンダがやって来る事は間違いないので期待して待っているのですが、日本に導入されても大きな変動は起こらないと考えている人もいますので、いつのまにか導入されていたという可能性も高いですね。

海外サイトからの被リンクがSEOに効果がある

どれだけ良質な被リンクを集められるかがSEOの肝となります。見た目でこのリンクは質が良いと言う事が分かるわけではありませんが、Googleが処理しづらい海外サイトからの被リンクを使うSEO業者が増えています。

人工的なリンク構築を行う場合、どれだけ自然なリンクに見せる事ができるのかという部分が重要になってきます。その為にアンカーテキストを単一キーワードではなく、ブランドリンクやURLリンクにして分散するのが一般的です。(意味が分かりづらいカタカナSEO用語集

その一貫として利用されるようになったのが海外サイトからのリンクです。異なる言語サイトからリンクを貰うことで、それが人工的なのか自然なのかが分かりにくくなります。一般的なサイトは海外サイトからリンクを貰う事はまずないので、海外サイトからリンクが付いている時点で人工的な気がしないでもないのですが、今の所は効果が期待できます。

海外サイトからの被リンクとして、最も簡単に実行できるのが、ブログへのコメントや掲示板への書き込みです。英語のコメントを貰った事があるブログ管理者も多いと思いますが、ブログのコメントはしっかり管理していない人は多いものです。

他の言語に混ざって日本語コメントがあるのは不自然なのですが、何て書いてあるのかは分からない人がほとんどです。削除される事も多いでしょうが、ツールなどを使い大量にコメントを残せば何割かは削除されずに残るでしょう。

nofollowリンク

基本的にはブログのコメント欄はリンクにnofollowが付いていますので、被リンク価値はないと考えるのが一般的です。しかし、本当にnofollowリンクに被リンク価値が無いのかというのは検索エンジンにしか分かりません。

また、nofollowを付けていないブログもありますし、nofollowが付かないブログを抽出して自動的にコメントを残すようなツールも販売されています。コメントスパムは完全にブラックSEOと言えますし、以前と比べて効果が薄くなっているのですが、いまだに実施しているSEO業者もいます。

中国のレンタルサーバーを借りて被リンク構築

以前は、海外リンク=中国というぐらい中国語サイトからの被リンクを使っている人が多かったです。最近ではロシアが増えているようで、その他の国のサイトからのリンクも目立つようになっています。

なぜ中国が選ばれるのかは分かりませんが、物価が安いことや扱いやすい事が関係しているのでしょうか。中国資本のSEO業者もありますし、サテライトサイト更新として日本語が分かる人件費の安い中国人に依頼している業者もあります。

本格的なところになると、中国の複数のレンタルサーバーを借りて、IP分散やドメイン分散させたリンク元サイトを保有していたりします。日本よりも物価が安いですので、コストをかけずに大量のリンクを用意する事が出来ます。

そこまでやっている業者も少ないのですが、昔と比べ有料リンクが格段に安くなっていますので、利益を確保するためには、とにかく安い金額でリンク元サイトを用意しないといけないのでしょう。

つらつらと海外サイトからのリンク構築について書いてみましたが、全て妄想の可能性もありますので、話半分で捉えて頂ければ幸いです。

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年9月16日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:SEO初心者 パシのレンサバブログ

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ