ホームページのフォルダ名やファイル名でURLが決まる

Webサイト制作をしている人にとっては当たり前のことなのですが、HTMLサイトを作る場合、サーバーにアップするフォルダやファイル名がURLとなります。フォルダがディレクトリになり、ファイル名が最後のURL部分になります。

何の知識も無くゼロから始めたような人の場合、この辺が良く分かっていない場合が多いようです。WordPressのようなCMSを利用する場合には、あまり気にする必要がありませんし、パーマリンク設定をしていれば自動的にディレクトリ名をつけてくれます。

最近は、一からHTMLを勉強して自分の力でホームページを作るという人はあまりいないのかも知れませんが、知識としては絶対に持っていなければいけないことです。

これは、SEOウェブネットのサイトの中身です。ルートディレクトリ(トップディレクトリ)にはフォルダとHTMLファイルが混在しています。

フォルダを作らずに全てのページをルートディレクトリに置いてもいいのですが、ページ数が多くなると管理がとても大変です。10ページや20ページぐらいであればまだ良いのですが、それでも将来的にページが増えないとも限りませんので、同じようなテーマのページは一つのフォルダにまとめておいた方が良いと思います。

一時期、ルートディレクトリにファイルを並べるとSEOに効果があるとか、逆にフォルダを作るとSEOに効果があると言う話がありましたが、全く関係ありませんので、あくまで管理しやすいようにしておけばOKです。

ディレクトリ名やファイル名が長くなる場合に「ハイフン」や「アンダースコア」を利用する事があると思いますが、現時点でGoogleは別物として扱っていますので、基本的にはハイフンを利用すると良いでしょう。

»ハイフンとアンダースコアは異なる扱いとGoogleのマット・カッツが語る

ディレクトリ階層

フォルダの中にフォルダを入れた場合、ディレクトリ階層がどんどん増えていくことになります。

これは、先ほど紹介したSEOウェブネットのサイトのglossaryというフォルダの中身です。その中にさらにフォルダがあることが分かると思います。このようにページ数が多くなるとフォルダ分けした方が管理が楽になります。

http://www.jweb-seo.com/glossary/

このURLがSEO用語集のトップページです。

http://www.jweb-seo.com/glossary/07_ki/

さらにその中に五十音のフォルダがあり、

http://www.jweb-seo.com/glossary/07_ki/01_rendo.html

その中に、それぞれのページがあります。

ディレクトリ階層とリンク階層

上記は、全てディレクトリ階層の話で、基本的にディレクトリ階層は深くなっても問題ありません。無駄に階層を増やす必要はありませんが、深くなり過ぎる事でSEOに不利になる事はまずありませんので、気にしなくても大丈夫です。

しかし、リンク階層は気にしなければなりません。リンク階層というのは、起点となるページから何クリックでそのページへたどり着けるのかという事です。

用語集のページで言うと、トップページから3クリックで末端のページまで行けるようにしています。私がサイトを作る場合は、ほぼ100%全てのページに3クリック以内で到達できるように作っています。

この3クリックというのは、少し前までSEOの話で良く言われていた事で、今では3にこだわる必要は無いのですが、リンク階層が浅い方が、検索エンジンのクローラーが素早く全てのページをクロールする事が出来ます。

ただ、ページ数が多いのにリンク階層を浅くしようとすると、1ページ内の発リンク数が異様に多くなってしまう可能性もありますので、あくまで訪問者が見た時に使いやすくなっている事が前提となります。

フォルダ名・ファイル名の変更や移動

フォルダ名やファイル名がサイトのURLになるわけですから、名前を変更した場合、URLが変わることになります。SEOの事を知らないと、何の気なしに名前を変えてしまうのですが、URLが変わってしまうと、検索エンジンはまた一からそのページを評価するような形になります。

全く同じページをアップしたとしても、URLが変わってしまえば評価はゼロになります。ドメイン自体の評価は変わりませんが、個別のページが受けた評価はそのURLに対する評価ですので、基本的には名前は変更しない方が良いでしょう。

どうしても変更せざるを得ない場合には、旧URLが受けた評価を新URLに引き継ぐために301リダイレクトを行います。

.htaccessを使用しますので、少し難しいと感じるかもしれませんが、慣れてしまえばそうでもありませんので、URLが変わった時には301リダイレクトを行うという事を頭に入れておきましょう。特にドメインが変わった場合には絶対に必要な作業となりますので注意しましょう。

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年8月19日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:HP初心者 パシのレンサバブログ

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ