アクセス数とGoogleやYahooからの流入検索キーワード

当サイトを開設したのが3月末ですので、公開後4カ月ほどが経過した事になります。更新頻度が落ちていますが、記事数は250に達しており、それなりのアクセス数を獲得する事が出来ています。


※アクセス解析はGoogleアナリティクスを使用しています。

基本的なSEO対策はやっているものの、特定のキーワード順位を上げる為の施策は行っておらず、ターゲットキーワードである「格安レンタルサーバー」や「レンタルサーバー 選び方」でも上位表示できていませんが、それなりの記事内容でターゲットキーワードを意識して作っていますので、ロングテールキーワードでアクセスを集める事が出来ています。

SEOを学び始めたばかりの場合、ビッグワードやミドルワードで上位表示しようとする人が多いのですが、早く成果を出したいのであれば、ロングテールワード(スモールワード)を意識したサイト作りにした方が良いでしょう。

多種多様な検索キーワード

これは直近1ヶ月の当サイトへの流入キーワードです。流入キーワーとはYahooやGoogleなどの検索エンジンでどのような言葉を入力して、当サイトへ訪れたのかという事です。

拡大して、全てのキーワードを見ていただければ分かると思いますが、本当に色々なキーワードで引っかかっている事が分かると思います。これがいわゆるロングテールキーワードというやつです。

これは、特定のキーワードが全体に対してどれぐらいの割合になっているかというグラフです。見てもらえばわかるように、アクセス数の多い上位10位までのキーワードを全て足しても全体の5%にも達していません。

当サイトの場合は、全ての流入キーワードがロングテールと言っても良いでしょう。それでも平日はページ数と同じぐらいの200~300ぐらいのアクセス数を獲得する事が出来ています。管理しているサイトからリンクを張っていますので、参照元からのアクセスも多いのですが、検索エンジン経由のアクセスに絞るとこんな感じです。

アクセス数全体の85%が検索エンジンからの流入という事になっています。私が管理しているサイトの多くがこのパターンです。SEOが本職ですので、これで良いと思っていますが、もう少し他の経路のアクセス割合を増やしたい所です。

地道にコツコツと更新していけば、どんなサイトでも数ヶ月でこれぐらいのアクセス数にはなるはずです。一日1,000~2,000UUまではそれほど険しい道のりではありませんので、アクセス数が少なくて悩んでいるという方は、ロングテールキーワードを意識して、ページを作っていくのが良いでしょう。

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年7月27日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:SEO初心者 パシのレンサバブログ

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ