レンタルサーバー別サブドメインサイトの作り方

大容量の格安レンタルサーバーの登場で、1サイト1ドメインが当たり前の時代になっていますが、ドメインを取得するためには、年間1,000円ほどのコストがかかります。マルチドメイン対応のレンタルサーバーを使っている場合、ドメイン費用の1,000円だけで新しいサイトが持てますので、迷うことなく独自ドメインを取得する事をお勧めしますが、サイトの数が増えると料金も馬鹿になりません。

それでも一般的なサイト管理者の場合、サイトを10個以上持っているような人の方が少ないと思います。この場合、年間1万円以下の費用で済みますが、SEO対策の為にサテライトサイトを大量に作るとなると、ドメイン費用だけで数十万円になってしまうかもしれません。

そんな時に役立つのがサブドメインです。サブドメインは既に持っているドメインに追加する形で利用する事ができますので、追加費用はかかりません。同じサーバー内に構築されますので、当然IPアドレスは同じになってしまいますが、今の所検索エンジンはサブドメインを別ドメインのように扱ってくれています。

サブドメインでサイトを作ってみよう

利用しているレンタルサーバーによってサブドメインの設定方法が変わりますが、基本的にどこのサーバーもサブドメインを用意していますので、利用した事がなかったという方は試しに使ってみてはいかがでしょうか。

ただ、新しいサイトを作る際にサブドメインにこだわる必要はありません。訪問者にとってURLは大した問題ではありません。サブドメインではなくサブディレクトリにする事で、ドメインの評価を受ける事が出来ますので、サブディレクトリで構築しても良いと思います。

»サブドメインとサブディレクトリどちらが良いのか

サイト内ブログはサブディレクトリで、完全に異なるサイトはサブドメインの方が良いと感じていますが、これはSEOの観点ではなく、個人的な好みの問題ですので、どちらを選んでもOKです。

サブドメインでブランディング

複数のサイトをそれぞれ独立させたサイトにして、なおかつ人気サイトにする事が出来るのであれば断然サブドメインがお勧めです。例として適切とは言えませんが、Yahooは複数のサイトをサブドメインで展開しています。

search.yahoo.co.jp
auctions.yahoo.co.jp
weather.yahoo.co.jp
headlines.yahoo.co.jp
honyaku.yahoo.co.jp

こんな形で、異なるコンテンツを全てサブドメインで作っています。そうする事で、ユーザにこのサイトはYahooが保有するコンテンツである事を簡単に伝える事ができます。Yahooの場合、サイトを見れば一発でYahooのものだと分かりますが、一般的なサイトの場合にはドメインを統一する事で、ブランディング効果が期待できます。

実際のところ、同一ドメインだからといって大きなメリットを受ける事はないのですが、複数の人気サイトを作る事が出来れば、Yahooのような存在になる事が出来るかもしれません。

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年6月22日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:パシのレンサバブログ

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ