rel="canonical"のURL正規化やリンク評価の分散について

SEO対策においては被リンクが最も重要になるわけですが、リンクを張る際のURLが少しでも異なっているとリンク評価が分散すると考えるのが一般的です。

URLが異なるというのは単純に間違って記述しているという意味ではなく、wwwありなしやindex.htmlありなし等のいわゆるURLの正規化ができていないという事です。

当サイトのドメインはrensabanet.comですが、これは4通りの方法で記述する事が出来ます。

rensabanet.com
www.rensabanet.com
rensabanet.com/index.php
www.rensabanet.com/index.php

どのURLでアクセスしても当サイトが表示されると思います。

リンクを張る場合、ユーザにとってはどのURLを指定しても問題ないのですが、検索エンジンを相手にする場合は、どれか一つに統一した方が良いと言う事が言われています。

内部リンクや自分でリンクを張る際にはどれか一つに統一する事が可能ですが、他人が張るリンクのURLをコントロールする事はできませんので、そこで役立つのがURLの正規化という事になります。

.htaccessでURLを正規化する

www有りで統一する場合

Options +FollowSymLinks
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^example.com
RewriteRule ^(.*)$ http://www.example.com/$1 [R=301,L]

www無しで統一する場合

Options +FollowSymLinks
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www.example.com
RewriteRule ^(.*)$ http://example.com/$1 [R=301,L]

index.html無しで統一する場合

Options +FollowSymLinks
RewriteEngine on
RewriteCond %{THE_REQUEST} ^.*/index.html
RewriteRule ^(.*)index.html$ http://www.example.com/$1 [R=301,L]

色々な書き方があるようですが、要するにありなしのどちらか一方にリダイレクトされていれば問題ありません。ただ、index.htmlのありなしについては、無しで統一した方が良いでしょう。これは無しの方がSEO上有利という事ではなく、今後index.htmlがindex.phpに変更になった場合などの事を考慮してです。

rel=”canonical”でURLの正規化

リダイレクト以外にもrel=”canonical”でURLを正規化することが可能です。

URLの正規化は本当に必要なのか

URLの正規化を行っていないとリンク評価が分散するという理屈は分かるのですが、個人的には実施しなくても特に問題は無いと思っています。確かに以前はURLによってGoogleページランクが異なる場合が多く見られたのですが、最近ではどのURLで表示しても同じページランクになる事が多くなっています。

それを持ってwwwやindex.htmlのありなしでリンク評価が分散していないと断言する事は出来ないのですが、その必要性はかなり弱まっていると判断しています。

正規化する事によるデメリットはありませんので当然やっておいた方が良い事は間違いないのですが、中途半端な知識で設定するとマイナス効果になってしまう可能性があります。特にcanonical属性については、誤用によるインデックス削除事例が多く報告されています。

同じページで沢山の異なるURLが存在してしまうECサイトや大規模サイトにおいてはcanonical属性でURLを正規化しておいた方が良いと思いますが、一般的なサイトにおいてはその必要は無いでしょう。

私自身は、ここ数年全くURLの正規化を行っていませんし、canonical属性に関しては一度も設定した事がありません。ただ、WordPressサイトの場合、自動的に正規化してくれますので、そのおかげで不要と言える部分もあります。しかし、もし仮にWordPressがやってくれないという事であれば特に設定せずに放置します。

内部リンクの統一や外部リンクを張る際にURLを統一する事は当然やりますが、正規化の為に何か特別な処理を行う事はありません。既に述べたとおり、やらないよりはやった方が良いのですが、それによって大きくサイト評価が上がる事はありませんし、怖いのは設定ミスによる損失です。

ちゃんとした知識と技術がある場合には良いのですが、SEOをかじったぐらいの人が設定するとミスする可能性がありますので、それであれば設定しない方が良いでしょう。

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年6月20日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:SEO初心者 パシのレンサバブログ

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ