SEOに強いサーバーなんてあるの?

一般的なサイトを立ち上げアクセスアップを図る場合、SEOがポイントとなりますが、時々「SEOに強いレンタルサーバーってあるの?」という質問を受けます。SEOに強いという定義が良く分かりませんが、結論から申し上げると、このサーバーを使っておけば上位表示しやすいと言うような物はありません。

検索エンジンはサイトのIPアドレスを見ているので、共用サーバーのような同一IPアドレスに複数のサイトが乗っかっている場合、他のサイトの影響を受けるので専用サーバーの方が良いという話を聞きます。また、被リンクとして考えた場合、IPアドレスが分散されていた方が良いので、やはり共用サーバーは不利と言う話も聞きます。

しかし、これについても基本的には気にする必要はありません。確かに検索エンジンはIPアドレスを見ていますが、それでサイトの評価を下しているわけではありません。被リンクのIP分散についてもリンクを販売しているSEO業者が気にするべき事で、一般的なサイト管理者には関係のない話です。

マルチドメイン対応のレンタルサーバーを使っている場合、必然的に管理サイトのIPアドレスは同じになりますが、数十個程度であれば何の問題もありません。IPが分散されている事よりも、各サイトがしっかりと作られており、ユーザに支持されるサイトになっているのかという事が大切です。

クローラーの動きはサーバーによって変わる

SEOの視点でレンタルサーバーを選ぶ必要はないのですが、クローラーの接続のしやすさはサーバーによって変わってきます。自分のサイトが収納されるサーバーによっても変わってくると思いますが、個人的にはエックスサーバーが優秀な気がしています。

»レンタルサーバーを移転したら検索エンジンのクロールが向上
»ロリポップ、さくらのレンタルサーバ、エックスサーバーのクロール比較

これに加えて、以下の3点に注意する事で、クロール状況が良くなるかもしれません。

  1. インデックス速度を早める
  2. 内部リンクを張り巡らせる
  3. 更新頻度を上げる

クロール状況が向上することで、検索順位がアップするというわけではありませんが、新しいページを作った時のインデックスの早さには影響を与える可能性があります。インデックスが早まる事でQDFの恩恵を受ける可能性も高まりますので、SEOにおいて重要な部分である事は間違いありません。

冒頭で述べたとおり、どこのサーバーを使ってもSEOにおいて大きなメリット(デメリット)があるという事はないのですが、いくつかのサーバーを使ってきた感想としてはやはりエックスサーバーがお勧めです。

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年6月16日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:SEO初心者 パシのレンサバブログ

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ