リダイレクトの方法によるGoogleの認識の違い

サイトのドメインを変更した場合には、旧ドメインが受けた被リンクを新ドメインへ引き継ぐためにリダイレクト設定を行うのが一般的です。全くリンクを受けていなかったサイトがドメイン移転する場合には、特にやらなくても良いのですが、基本的にはやると憶えておきましょう。

»ドメイン移転時の301リダイレクト設定

要するに、ドメインを完全に移転する場合には301リダイレクトで、一時的に移転する場合には302リダイレクトという事になります。ドメインが同じでもファイル名やフォルダ名を変更して、URLが変わる場合にも同一ドメイン内でリダイレクト設定を行います。

.htaccessが使えない場合には、JavaScriptやmeta refreshによるリダイレクトを使用します。ゼロ秒を指定すると301と同等の扱いとなり、他の秒数を指定すると302と同じ扱いになります。

301リダイレクトを行う事で、旧ページが獲得していた検索順位を新ページに引き継がせる事が可能となります。

»301リダイレクトによる被リンクの引き継ぎ

一瞬だけ両ドメインが上位表示されるゴールデンタイムがありましたが、それは短期間で終わってしまい、直ぐに新しいページのみが残る事になります。

通常、一時的な移転の場合には、302リダイレクトにするかmetaで秒数を指定するのですが、一時的な移転なのにあえてゼロ秒にする事で、おいしい状態になる事もあるようです。

»meta refresh(メタリフレッシュ)によるSEOの効果

全てのサイトで同じような処理がされるとは限りませんし、リダイレクト期間が短かった事が良かったのかもしれませんが、大変興味深い事例です。ただ、やはり基本的には一時的な移転は秒数を指定した方が良いと思っています。

携帯サイトへのリダイレクトは301?302?

メインサイトとは別に携帯サイトを持っていて、携帯でメインサイトへアクセスがあった場合に、自動的に携帯サイトへ転送する場合にもリダイレクトが使われますが、その際の方法は301なのか302なので悩む人も多いのかもしれません。

私の考えとしては、サイトが完全に移転するわけではないので、302が適当かなと思っていたのですが、Googleとしてはどちらでも良いようです。

»携帯サイトへのリダイレクトは301でも302でもOK

メインサイトから携帯サイトへのリダイレクトで、URLを変更したりドメイン移転したわけではない特殊なケースと言う事で、301でも302どちらでも同じように処理してくれるという事なのでしょう。

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年6月14日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:SEO初心者 パシのレンサバブログ

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ