サーバー移転時にドメイン移管が必要になるホスティング会社

サーバー移転を行う際に、同時にドメイン移管も必要になるケースの場合、少し作業が面倒になります。ドメイン登録業者はそのままでサーバー移転のみを行う場合には、旧サーバーからファイルを移動して、ドメイン登録業者のサイトでDNSを書き換えるだけですので、慣れてしまえば1時間もあれば作業は終わります。

HTMLサイトであればMySQLやphpMyAdminを移動することも無いですので、さらに移転が簡単になります。(CGIなどを利用している場合には、再設定に時間がかかるかもしれません。)

しかし、ドメイン移管が伴う場合、新旧のホスティング会社と何度かやり取りをする事になりますので、当然1日で全ての作業を終わらせる事はできません。

サーバー運営とドメイン管理が別になっているかの確認

Web制作に馴染みがない人の場合、サーバーとドメインが別々の契約になっている会社がある事を知らない人も多いのかもしれません。逆に格安サーバのロリポップロケットネットを使用している場合には、別々になっているのが当たり前と思っているかもしれません。

どういった形態のサーバを使っても特に大きな問題は発生しないのですが、管理が一つになっている場合には、サーバ移転する際に少し時間がかかると言う事は頭に入れておいた方が良いでしょう。

さくらのレンタルサーバを利用する場合、さくらのドメインを利用する人が多いと思いますが、他社ドメインでも利用可能となっています。
»他社で取得・管理しているドメインを利用する

他社ドメインは利用可能でも、自社で取得したドメインをそのまま残して、サーバーのみを移転する事はNGというホスティング会社もあります。今後移転の可能性があるのであれば、ドメインはムームードメインや、バリュードメインなどのドメイン管理のみを行っている登録業者で取得しておいた方が良いと思います。

ただし、契約が2つになることで、ドメインとレンタルサーバー両方の更新が必要となってきますので、更新のし忘れには注意しましょう。

»エイブルネットからエックスサーバー(ムームードメイン)への移転・移管
»さくらのレンタルサーバからエックスサーバーへのサーバー移転

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年6月10日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:パシのレンサバブログ

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ