ドメイン名にはハイフン(-)を入れない方が良い理由

ドメイン名は、公開するサイトのブランディングを意識して、短くわかりやすいものにするのが基本ですが、ドメイン名が短い場合、既に取得されてしまっている事も少なくないと思います。

その際の解決方法としては、ドメイン名を完全に変えてしまうか、数字やハイフンを加えるという選択肢があります。メールアドレスは数字を加えるのが一般的ですが、ドメイン名に数字がある事に抵抗を感じる人も多く、日本のサイトはハイフンが使われることが多いようです。

例えば、当サイトのようにレンタルサーバーに関するサイトを作成する場合、「rentalserver」という名前を取得したいと考えるかもしれませんが、rentalserverは海外でも使われる一般的な名前であるため、当然主要なTLDは取得されてしまっています。

そこで、「rental-server」のように、英語部分はそのままにして間にハイフンを入れて、取得する人も少なくありません。(rental-serverも主要TLDは全て取得されています。)

私は、「rensaba」というドメイン名が欲しかったのですが、やはり取得されてしまっていたので、サイト名でもある「rensabanet」にする事にしました。inやtv、ccなどであれば空いていたのですが、海外のTLDはできれば避けたいので、ドメイン名を変える事にしました。

「ren-saba」という選択肢もありますが、元々短い名前にハイフンを入れるのは無しですよね。しかもレンサバであれば意味が通じますが、レン-サバでは意味がわかりません。

ハイフンがあると何か問題が発生するのか

結論から申し上げると、ドメイン名にハイフンが含まれていても、多くの場合特に問題にはなりません。多くの日本語サイトのドメインにハイフンが使用されているように、SEO上不利になるような事もありません。私自身も過去には普通にハイフンを使っていました。

しかし、既に述べたとおりドメイン名は短くて分かりやすいものが基本となりますので、ハイフンが入っている時点で、区切れるほど長いと言う事になります。また、名刺や広告にURLを載せた場合、そのURLを直接入力してサイトにアクセスする人が増えます。

その際に、ハイフンがあるとタイプミスや入力ミスの可能性が広がります。パソコン初心者の方の中には、ハイフンの入力方法がわからない人もいますので、混乱を避ける為にもハイフンは使用しない方が良いでしょう。

ただし、英語圏のサイトとは異なり、日本語サイトでは、少し事情が違うようにも思います。英語サイトの場合、ドメイン名も英単語にするケースが多いと思いますが、日本語サイトの場合、単語を使うのではなく、ローマ字読みしたり、単語としては存在しない英語の羅列にするケースも多いと思います。

その場合、ハイフンが入る事によるスペルミスと言うのは考えにくいですので、日本語サイトの場合には、それほど神経質にならなくてもいいのかもしれません。

ただし、ドメイン名は短くて分かりやすいものにするという基本は変わりませんので、ハイフンが2回、3回と使われるような事はNGです。まずはハイフン無しで探して見て、良い名前が見つからない場合には、ハイフンを1回使うという考え方で良いと思います。

目的別 おすすめレンタルサーバー

コストパフォーマンスが高いレンタルサーバー
WordPress向け
法人レンタルサーバー
激安料金

管理人イチオシのレンタルサーバー

当サイトでも使っているエックスサーバーは、ディスク容量が200Gと大きく、MySQLが50個まで使えますので、1つの契約でいくつものサイトを運営することができます。

転送量が月2,000G、メモリ192Gと他の格安サーバーでは見られないスペックとなっており、アクセス数の多いサイトや複数のWordPressサイトを運営するのにも向いています。

自動バックアップと電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心!

エックスサーバーの無料お試し申し込みはこちら

公開日:2011年6月1日
最終更新日:2013年12月4日

カテゴリー:パシのレンサバブログ

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ